株・FXなど投資の体験談

26歳サラリーマン、副業で始めたFXの大失敗で始まった私の投資遍歴

為替が馴染み深いからと始めたFXで大失敗

26歳でサラリーマンをやっております。長引く不況の中で賃金の上昇が見込めないの中であることから副業として投資を行うことによって資産形成をしたいと思って、まずは FXを始めてみました。 FXは為替差益で儲ける出す投資手法の一つであります。

なぜこれから始めたかというと、毎朝のニュース番組で為替の情報は放送されているからです。自分とって馴染み深いところから投資を始めるというのは、根気よく続けていくということを考えた時に必要不可欠な要素であると考えています。

まず手始めに5万円ほどの資金を注入し、ドル円もしくはユーロ円を対象にポジションを取ることからはじめました。 しかし FXとアプリを開くたびにマイナスの文字が大きくなっておりそれに恐怖してを外すと、途端に予想と反対の方向に値動きがありました。こういった売買の回数が多かったために半年で資金は全てなくなってしまいました。

投資信託で基盤固め。一年間で20%の利益

FXで痛い目を見て私は今度こそを儲けてやろうと思いきちんと勉強することを始めました。FXでは取引回数を増やしすぎてしまったことによって、手数料負けしてしまいました。従って次に行う投資ではなるべく水から取引する機会が少ない方法をと思い手法を模索しました。

そこで行き当たったのが投資信託の積立購入による分散投資です。投資信託自体が世界中の様々な株の分散投資であることからリスクを低減することができています。また積立購入することによって高い時に多く買いすぎるリスクを低減しています。

これはドルコスト平均法と言いあまりにも有名な手法ですが、でも知識のないサラリーマンにとってはは非常にありがたい機能であるということは言うまでもありません。この手法を用いて、一年間で20%の利益を上げることができました。

今後はビットコインへの挑戦を視野

最後にこれからどのような投資を考えているかについてご紹介いたします。もっか話題になっているのはビットコインなどに代表される仮想通貨取引です。仮想通貨には日本円における日本銀行のような価値を担保する機構はありません。

代わりにブロックチェーンといった、インターネット上で相互に取引履歴を監視するシステムが構築されており、これを通貨として利用することが世界中で広まっています。まだまだ投機目的での資金流入が続いており、価格変動も大きいため当たれば大当たりですが、レバレッジなどをかけてしまうとどん底に落ちるので、現段階ではまだ様子見しています。

ビットコインと書いてしまいましたが仮想通貨には他にもモナーコインやイーサリアムと言った様々な種類の仮想通貨が存在します。どの仮想通貨に投資すべきか、これを考えるのが投資の醍醐味と言えそうです。