転売ビジネス

Amazonの出品は大口と小口どっちにしたらいい?

大口と小口どっち?

Amazon転売をするにあたり、登録の際には大口出品か小口出品かを選ばなければなりません。しかし大口と小口ではどのような違いがあるのでしょうか。

大口出品と小口出品ではかかる費用はもちろんの事、サービスも大きく違ってきます。どちらを選ぶべきかは、どの程度の規模で転売を行うかによって変わるのです。

タケル
タケル
で、結局どっちにすればいいの?

自分がどちらの出品方法で行うのが正しいのかを知るためには、まずそれぞれの仕組みを知る必要があります。

そのため今回は、

  • 大口出品と小口出品のそれぞれの費用
  • 大口出品でできて小口出品ではできないこと

などについて詳しくまとめました。

Amazonの大口出品と小口出品の費用の違い

Amazonの手数料

大口出品と小口出品には様々な違いがありますが、まず注目するべきなのは費用の違いです。

シンジ
シンジ
大口出品と小口出品の費用の違いは以下の通り。
  大口出品 小口出品
月額登録料 月額4,900円 なし
出品手数料 なし 1出品100円
販売手数料 あり あり

大口出品は月額4900円+販売手数料がかかり、小口出品では月額料金はかからず、商品が一つ売れるたびに100円+販売手数料がかかります。販売手数料は大口小口ともに共通です。

小口出品の場合、商品が売れなかったとしても手数料が0円なので初心者はこちらを選ぶ傾向にあります。

タケル
タケル
じゃあ小口出品の方が得ですね!
シンジ
シンジ
いや、そうとも限らないよ。

ただし、月間50個以上の商品が売れた場合は単純計算で、

100円 × 50個 = 5,000円

となり、大口出品の月額4,900円を上回ってしまいます。

そのため、月間50個以上の商品が売れる見込みがある場合は大口出品の方がお得であると言えます。

Amazon出品は大口の方が売れやすい

大きなAmazonの箱を持つ男性

大口出品のメリットは費用だけではありません。それは大口出品の方が小口出品よりも売れる確率が高いということ。

その理由について説明していきます。具体的には次の3つの理由が存在します。

  • カートが獲得できる
  • 出品できるカテゴリーが多い
  • 決済方法が多い

大口出品が売れやすい理由【その1】カートを獲得できる

まず、大口出品者の受注率が高い理由の1つとして、ショッピングカートの獲得ができることがあげられます。

タケル
タケル
ショッピングカート…って何でしたっけ?

「ショッピングカートを獲得する」とは、Amazonの商品画面にて自分の出品した商品が一番目立つ位置に表示されることです。

Amazonでショッピングする方の大半は商品を見つけたら、最も目立つ位置にある(カートを獲得した)商品を購入するため、カートを獲得できれば売れる確率が大きく上がります。

タケル
タケル
でもカートと大口出品が何か関係あるの?
シンジ
シンジ
カートを獲得できるのは大口出品で登録してる人だけなんだよ。

このショッピングカートの獲得資格があるのは大口出品者のみです。そのため大口出品者になることで売り上げをぐっと引き上げることができるのです。

新品はほとんどの場合、カートを獲得している商品が売れていきます。なので新品を販売する場合は大口で登録しておかないと販売が厳しいことを知っておいてください。

大口出品が売れやすい理由【その2】出品できるカテゴリーが多い

大口出品者の成約率が高い2つ目の理由として、出品できるカテゴリー量が多いことがあげられます。

Amazonでは大量のカテゴリーがありますが、大口出品者と小口出品者では出品できるカテゴリーの数に差があります。

大口出品者の方が小口出品者と比べ、出品できる数が8つほど多くなっています。具体的に大口のみで出品できるジャンルは以下の通り。

  • 時計
  • アパレル
  • シューズ
  • ドラックストア
  • コスメ
  • バッグ
  • 食品&飲料
  • ペット用品

これらのカテゴリーで出品をしない場合は小口でも大丈夫なのですが、薬関連、コスメ関連、食品関係の商品で転売できる品も多くあります。

転売は選択肢が多いほうが利益を出すことが容易になるため、できるだけ多ジャンルへの出品ができるほうが望ましいです。

大口出品が売れやすい理由【その3】決済方法が多い

大口出品のみが持つメリットの3つ目として、決済方法が多いことがあげられます。決済方法が多様なほど、様々な人に対応でき売り上げが高くなります。

小口出品では3種類の決済方法に対し、大口出品では7種類の決済方法を利用が可能です。

小口出品の決済方法

  • クレジットカード
  • アマゾンギフト券
  • アマゾンショッピングカード払い

大口出品の決済方法

  • クレジットカード
  • アマゾンギフト券
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy払い
  • アマゾンショッピングカード払い
  • 請求書払い

日本ではクレジットカードを持たない方も多く、持っていてもクレジットカードを使うことに対する不安からコンビニ決済や代金引換、Edyなどで決済することも多いです。

そのため小口出品者の場合は、注文が入った場合でも決済方法が合わずキャンセルされてしまうといった機会損失がしばしばあります。

このような損失を避ける面でも大口出品にはメリットがあります。

タケル
タケル
なるほど。大口出品の方が売上を上げるためには有利なんですね。
シンジ
シンジ
まだまだこれだけではないよ。

その他にも大口出品にはメリットあり

大口出品の大きなメリットとして、「カートの獲得」「出品カテゴリーの多さ」「決済方法の多様性」の3つを上げましたが、その他にも多くのメリットがあるのです。

タケル
タケル
え、まだメリットがあるんですか?

大口出品はAmazonに登録のない商品も出品できる

大口出品者であればAmazonにまだ登録されていない商品を登録して新しく出品することが可能です。大口の場合は「出店」扱いであるためAmazonの出品掲載一覧ページに表示されるようになっています。

それに対して、小口出品の場合には「出品」扱いであり、もともとAmazonに登録されている商品以外は出品することができません。

すでにある既存の商品ページに「相乗りする」形で出品することになりますので、販売できる商品の選択肢が大口出品と比べ少なくなります。

大口出品は各種ビジネスレポートを使用できる

大口出品では様々なビジネスレポートを使用することができます。

いつ、どれだけ売れたか、アクセスがどの程度あるか、売り上げはどの程度か、などを指し示すレポートをAmazon側が自動で作成してくれます。

自分の仕入れた商品が良かったのか悪かったのか振り返るうえで重要な資料となります。小口ではビジネスレポートを使用することができません。

大口出品は複数商品をまとめ出品できる

小口出品では通常1品ずつ個別に出品していかなければなりませんが、大口出品者であれば一括出品ツールを使用することができます。

一度にまとめて複数の商品をアップロードすることができ、作業時間の短縮につながるので効率良い転売が可能です。

タケル
タケル
月額料金は嫌だったけど、これだけメリットがあるなら納得ですね。
シンジ
シンジ
本気で転売に取り組む人は迷わず大口出品だね。

Amazonの大口出品と小口出品まとめ

今回は大口と小口出品の違いについて解説しました。費用面だけ見れば、少量を片手間で出品したいという方は小口出品を選択するのがよいでしょう。

しかし、大口出品として登録することで大きなメリットを得ることができます。大口と小口では売り上げに大きな差が出てきます。

そのため、現在はまだまだ売り上げが低い場合でも、転売で大きく成功したい、これから規模を大きくしていきたい方は大口出品で登録しましょう。

タケル
タケル
自分も大口登録して利益10円の商品を月50個販売するっす!
シンジ
シンジ
いやそれじゃ結局赤字だよ…。