生活の節約術体験談

定年退職を機会に通信費の全面見直しで1万円/月を節約

スマートフォンを格安に変更で月7,000円の節約

各家庭の通信費の家計に占める割合は、非常に高まっている事が指摘されています。昔は通信費は固定電話のみの時代が長くありました。

しかし、携帯電話からスマートフォンにグレードアップした通信費、さらに固定のネット回線もADSLから光回線へとグレードアップした通信がオンされて、知らぬ間に家計に占めるウエートが高くなり続けて来たのです。

定年退職して収入が大幅ダウンするのを機会に、この通信費にメスを入れる事にしました。スマートフォンは、今では生活の中で手放せない存在となっている為、携帯電話に戻す事はできず、その代りに格安スマホにキャリアを変更する事にしました。

何かあった時に実店舗がある方が安心なので、大手3社のあるキャリアから実店舗軒数も比較的多い、キャリアに夫婦とも乗り替えました。これで、月に7,000円の節約ができました。

固定のインターネット回線を光からADSLに戻して月4,000円の節約

スマートフォンを利用するようになって、パソコンとつないだ固定のインターネット回線を使用する頻度は激減しており、また動画を見る機会もほとんどないので、思い切って光回線からADSLへ戻す事にしました。固定のインターネット回線だけで、月々4千円もの削減が可能でした。

ADSLから光回線に切り替えた時には、高速でサクサク動く事に感動さえ覚えましたが、スマートフォンを利用すようになって以来、考えて見ればインターネットの固定回線を使用する事がほとんどなく、ADSLに戻しても全く不便を感じる事はありません。

光回線とスマートフォンのセット割りはユーザーを囲い込むための施策であり、多少は安くなるものの、それ以上に大胆な見直しをすべきなのです。

固定電話も止めれば月2,000円の節約

最後に、通信費の中でベーシックな固定電話をどうするかも検討しました。実際に、固定電話から掛ける事はなく、掛かってくる電話も電話帳を見ての各種の勧誘電話が中心で、止めてもほとんど支障はないのです。

最近では、固定電話のない家庭も増えていますが、やはり長年の習慣と、妻の母親から月に1回ほどかかって来る事もあり、今回は継続する事にしました。ほとんど固定電話を使わなくても、基本料金は2,000程度必要で、これを思い切って止めればさらに毎月2,000円の節約が可能なのです。

最近の電力やガスの自由化で、会社の見直しでの節約が話題となりますが、こちらは各使用料にもよりますが、せいぜい月に500円から1,000円程度の節約にしかなりません。これも節約ポイントの1つですが、それ以上に、使用実態から通信費の削減を根本的に見直す事が重要であり、お勧めの節約術と言えると思います。