株・FXなど投資の体験談

副業で始めた投資に明け暮れたサラリーマン生活10年、今もなお勉強中

最初の投資は株からスタート

現在42歳の私はFXをメインにした投資に明け暮れ、仮想通貨取引も始めようと、勉強中です。そんな私の投資歴は10数年で、最初は株取引から始めました。その理由は単純で、当時は個人投資家がブームだったのです。テレビ番組には株で大儲けしたBNFさんなどが登場し、本屋に行けば「〇億円儲けました」的な著書が溢れていたのです。

その当時は、普通のサラリーマンでしたが、もちろん薄給でしたし人生の一発逆転ばかりを考えたいた野心家だったので、株投資に惹かれるのは必然だったのです。しかし、株取引は結局数年間で約100万円ほどの損失を出して諦めました。

今になって思うと、株取引はどんな投資よりも時期が重要なのです。長期的なトレンドがハッキリしていない時期でないと、儲けるのは難しいですし、それでも挑戦するなら短期取引に切り替えるべきなのです。しかし、投資初心者の私には、そんな経験や知識などないので、取引するたびに資金が減少し、きっちり100万円を相場に吸い取られて、次なるステージに変更したのです。

なぜFXにハマったのか

株ブームが落ち着いた頃、入れ替わるように今度はFXが投資の中心に躍り出ました。当然、株で失敗した私も飛びつきました。なぜなら、FXはレバレッジを効かせる事で資金が少なくても、相場に参戦する事が出来たからです。

株の最大の弱点は、自己資金が少ないと、目を付けていた銘柄も高くて手が出ないのです。それに、長期投資だとどんな大企業でも経営破たんの可能性があるのです。しかし、FXならきちんとしたメジャー通貨なら、損失はあってもその通貨が無くなる事はほぼ無いです。それに、スワップポイントで金利を毎日貰えるのも嬉しいですよね。

これらの点以外にもFXは、スキャルピングという超短期取引を一日に何度も繰り返せるメリットがあります。これは、確かに負ける事も多くありますが、結果として大金を失う事はありません。それが、まるでゲームの様で一発でハマってしまったのです。

株やFXの投資から学んだ事

株取引は数年程度、FXは現在も続けているので10年ぐらいの経験があります。FXの結果は、多分ですが勝率はそこそこ良いはずです。それはスキャルが基本的にはメインなので、勝ち癖が付いているからです。

しかし、利益に関しては、手法をコロコロ変えているので、結果として10年間で50万円程度の損失となっています。これは、FXをやり始めた最初の数年間が下手くそすぎたので、それ以降は、年間で数万円程度の儲けという事でしょうか?

本格的なFXトレーダーに言わせると、10年もやって年間数万しか儲けられないなら、”止めてしまえ”と思うでしょう。確かにその通りですが、FX相場は年々難しくなっているように思います。それは、長期でも短期でも優位性を感じられるような、過去に効果があるとされた手法の多くが、近年は殆ど通用しなくなっているのです。

否、それでも毎年儲けているトレーダーもいるでしょう。でも、私のような弱小トレーダーも存在するのが現実ですし、大勝していると嘘を吐く人が多いのもこれまた、投資の世界にはよくあります。しかし、大事なのは現実に向きあい、諦めずに投資の世界にしがみ付く事です。

そして、いざという時に株やFXなどの投資で大金をゲットすれば、それが勝ちという事なのです。皆さんも、少額を失ったぐらいで投資の世界から退場せず、何か良い手法がないかと模索して奮闘を繰り返して下さい。