割の良いアルバイト体験談

誰でもできる単発・簡単・高額、コンサートスタッフのアルバイト

日給1万5,000円と高く、仕事内容もシンプル

当時18歳の大学時代、お小遣い稼ぎのためにコンサートスタッフのバイトをしていました。私、はレポート提出や試験が忙しかったため長期的にバイトをするのが厳しく、単発で好きな時に働けるというのが私の中でのバイトの選定条件でした。

友人の勧めでこのバイトを始めたのですが、驚くほど簡単で、拘束時間は朝10時~22時までと長いものの、1日の日給は平均1万5,000円ほどでした。仕事はいたって簡単で、コンサート会場での物品の販売です。

物品販売は基本女性が行うため、周りの環境は女性だけで、かつ年齢層も10代後半から20代前半が多かったため、気を使うこともなく、何より単発のバイトであったのでその後顔を合わせることもなくストレスフリーな仕事でした。

仕事内容もお客さんが購入した商品のレジ打ち、お金の授受、物品の在庫数量確認をするだけといったいたってシンプルなものでした。

なんと約7割が休憩時間

この仕事の魅力といえば、半分以上が休憩時間ということです。

コンサートの物品販売は、開場前、コンサート終了後が最も忙しい時間帯に当たりますが、一応コンサート中も会場外で販売を行っているものの、コンサート中にお客さんが来ることはほとんどなく、その期間は椅子に座ってひたすら休憩するだけでした。

周りは年齢が近い女性が多かったこともあり、女子ならではの恋愛トークで盛り上がるなど、正直バイトをしているという感覚はほとんどありませんでした。

また、お昼休憩は1時間もらえてその上、物品販売以外の時間は見張り(ほとんど休憩のようなもの)であるので、体力的にも疲れることはほとんどなく、これほど楽なバイトは存在しないのではないかと思うほどでした。

毎回もらえる謎のありがたいチップ

当初バイトの時給は800円といわれていましたが、なぜか毎回+5,000円ほどチップが支給されました。友人にこのことを確認してみると、地方のバイトということもあり、なかなか人が集まらず、主催側も人手不足で困っているとのこと。

なので次のコンサートが開催された際にも是非スタッフとして参加してもらえるようにとのことからこのお金が支給されていたようです。当時学生だった私からすると5,000円のチップは決して少額ではなく、大変ありがたくもらっていました。これとは別に交通費もしっかり支給されました。

休日はだらだら過ごしてしまうことが多かったのですが、このバイトに出会ってからは極力時間のあるときはこのバイトを入れ、お小遣い稼ぎをしていました。また学生に戻れるなら間違いなくこのバイトを選びます。