副業の知識

副業に取り組む彼氏との結婚。気をつけるべき大事なこととは?

結婚すべきかどうか?
マミ
マミ
さて、私ことマミが勝手に始めた、副業に関するお悩み相談コーナーです。

今回の相談者はサトミさん、33歳です。彼氏との結婚を考えているそうなんですが、少し気になっていることがあるそうです。

その彼氏は普通の会社員なのですが、副業に力を入れており、本業よりも稼ぐこともあるそう。そののめり込み具合に不安を覚えているとのことです。

サトミさん
サトミさん
そうなんです。マミさん聞いてください!

そこで今回はそんなサトミさんのお悩みを聞き、シンジさんに解決をしてもらいましょう。

マミ
マミ
シンジさん、お願いしますね。
シンジ
シンジ
結局相談にのるのは僕なんだね…。

【サトミさんのお悩み相談】結婚を考えてる彼氏が副業にのめり込んでるけど大丈夫?

副業にのめり込む人
サトミさん
サトミさん
私の悩みを聞いてください。

サトミ(仮名)33歳、都内でOLをしています。私には付き合って4年になる同い年の彼氏がいて、結婚も考えています。

彼は東証一部上場の企業に勤めてて、結婚にあたって仕事のことは何も心配してないのですが、副業にとても力を入れてるのが気になっているんです。

主に転売で稼いでるそうなのですが、その力の入れ方は半端ではなく、彼の部屋の一つは在庫で埋もれ、月の利益が本業を超えることもあるそうです。

マミ
マミ
本業超え!たしかに本気度がすごい。
サトミさん
サトミさん
ホント、どっちが本業なんだか…。

稼いでるのは良いんですが、あまりにのめり込みすぎて、本業で影響が出たり、稼ぎすぎて急に起業するとか言い出さないか心配です。

また、今でも仕事の時と私といる時以外はほぼ副業に費やしてます。子供ができたときに家族との時間をしっかりとってくれるのか…。

副業を続ける彼氏とこのまま結婚しても良いのでしょうか。

サトミさん
サトミさん
シンジさん、マミさん、教えてください!
マミ
マミ
はい、分かりました。シンジさんが教えてくれますよ。

副業をすること自体は今のご時世では推奨されるべきこと

マミ
マミ
シンジさん、サトミさんの彼氏ですが結婚前に副業は辞めてもらうべきですかね。
シンジ
シンジ
いやいや、いくら大手に勤めてても今の現役世代に副業は必要なことなんだよ。

近年、大手でも副業を解禁する企業が増えています。それでなくても、現代社会では副業の必要性は高くなっているのです。

副業の必要性が高くなっている理由はシンプルで、次のことが挙げられます。

  • 支出が増えている
  • 収入は増えていない
マミ
マミ
本当にシンプル。でもこれは本業以外の収入、必要ですね。

高齢化が進んでその医療費がかさみ、逆に労働人口は減って一人当たりの社会保障の負担は年々増えています。

また、消費税も8%から10%に増税されました。このように、現代の労働者に課せられる支出負担は増えているのです。

だからといって収入が増えているわけでもありません。政府は賃上げを企業に呼びかけてますが、リーマン前に比べたら平均年収は逆に減っているのです。

シンジ
シンジ
支出は増えてるのに収入は増えない。さあ、どうする。
マミ
マミ
節約するか、副業で収入を増やすしかありませんね。

このように、負担が大きくなっている今のサラリーマンには副業は必要で、むしろ取り組むべきことなのです。

彼氏の会社は副業オッケー?最悪クビになることも

解雇されたサラリーマン
マミ
マミ
じゃあ、サトミさんの彼氏もどんどん副業してもらった方がいいわけですね!解決!
シンジ
シンジ
でもその前に確認した方が良いことがあります。

副業をしている彼氏が勤めている会社は、副業を禁止していないのかどうか、確認しておいた方が良いでしょう。

大手の会社でも副業解禁をするケースは増えていますが、もちろんまだ禁止している会社が多数です。

もし副業を禁止されている会社で、副業がバレてしまったらどうなるのでしょうか?

マミ
マミ
どうなってしまうんですか?

バレた場合、その処分も会社によってまちまちです。口頭注意だけで済むこともありますが、最悪の場合は解雇になることだってありえます。

サトミさん
サトミさん
え!クビ!?

解雇までいかずとも、厳しい会社ではその後の出世や人事に響く可能性は十分にあります。

いざ結婚して、急に旦那さんの収入がなくなってしまっては大変です。彼の会社が副業を禁止してるかどうかは認識しておきましょう。

副業の内容については結婚前に確認しておくべき

シンジ
シンジ
他にも、彼は何の副業をしているのかはチェックしておきましょう。

サトミさんの彼氏の場合は転売ということでしたが、将来大損する可能性がある副業ではないか、怪しい仕事をしてないかは確認しておくべきです。

例えば株やFXの短期トレードでは、値動き傾向がすぐ変わるため、今は稼げてる手法でも将来的には勝てずに損する可能性があります。

投資は固執しすぎると失敗して借金する人までいます。しっかりリスクを考えた運用をしているかどうか見ておきましょう。

マミ
マミ
結婚していきなり借金とか嫌ですからね。
シンジ
シンジ
あとは世間的に受け入れられる仕事かどうかも要確認。

結婚して子供が生まれるとご近所付き合いはとても重要です。旦那が世間的に受け入れられない副業をしてることがバレると孤立してしまいかねません。

ネズミ講と勘違いされやすいMLMはとても評判が悪く、転売でも爆買いのごとく仕入れる姿は免疫のない方が見ると引いてしまいます。

結婚相手の副業が、リスクが高くないかどうか、世間に受け入れられるかどうか、念のため確認しておきましょう。

彼氏が会社辞めて起業したいと言い出したら注意が必要

起業
マミ
マミ
サトミさんの彼氏は本業より稼いでるみたいですし、起業するなんて言うかもしれませんね。
シンジ
シンジ
それは要注意。個人事業主は額面に表れない苦労があります。

副業が本業の収入を超えてくると誰しもが考えると思います。「あれ?本業辞めてもいいんじゃね?」と。

しかし、会社員は優遇されていることが多々あり、副業の収入が少し上回ったからといって辞めたら間違いなく後悔します。

マミ
マミ
え?そうなんですか?
シンジ
シンジ
サラリーマンへの社会保険は思ってるより手厚いんですよ。

会社員は医療や年金などの社会保険の面で優遇されてますし、給与明細に出てこないところで退職金の積み立てもされています。

また社会的信用も高いです。個人事業主だと結婚していざマイホームを買おうとしてもローンを組めない可能性が高く、会社員なら組みやすいです。

このように会社員を辞めたときのデメリットや生活の保証など、しっかりとプランニングした上での起業なのかどうか、彼氏に突っ込んで話を聞く必要があります。

まとめ

今回は結婚を考える彼氏の副業についてのお悩み相談でした。

副業は現代のサラリーマンにとっては必要なことで、実施すべきことです。しかし、その副業が結婚生活において支障をきたすものでないかどうかは見極めなければなりません。

マミ
マミ
サトミさん、分かりましたか?
サトミさん
サトミさん
はい!彼氏としっかり話してみようと思います。

サトミさんと同じようなお悩みを抱える方も、相手の副業が結婚生活においてどのように影響するのかを考えてみてください。