副業一覧

不動産投資で副業!収益物件で権利収入

不動産投資

本記事では、副業としての不動産投資の概要からお金を稼ぐ仕組み、収入目安、始め方、必要経費まで解説します。

不動産投資の副業概要

収入目安

月5万円〜10万円

手軽さ

非常に手軽

時間・場所の自由度

非常に高い

会社へのバレにくさ

非常にバレやすい

必要経費

初期 1000万〜(収益物件の購入費)
継続 月2万円〜

必要なスキル

  • 良い収益物件かを判別するスキル

メリット

  • 権利的な収入が得られる
  • 入居し続けられればお金が入り続ける

デメリット

  • 初期費用の負担が大きい
  • 入居者が入らなければ赤字になる場合もある

不動産投資でお金を稼ぐ仕組みとは?

不動産投資とは、マンションやアパート、戸建を購入し、購入した物件を貸し出して家賃収入を得る副業です。

購入には多額の初期費用は必要ですが、入居者が居る限りお金が入り続ける「権利収入」を実現することができます。

マミ
マミ
権利収入って?
シンジ
シンジ
要するに何もしなくてもお金がもらえるってこと。
マミ
マミ
夢のような副業ですね!

大まかな流れとしては、購入する物件の選定し、資金は銀行へ融資申請、審査が通ったら購入します。その後、入居者が入れば家賃収入を得られます。

入居者の募集や契約業務、家賃請求、共有部の清掃などの管理は管理会社に依頼することになります。

マミ
マミ
管理もする必要ないから何もしなくて良いんですね!

また、購入した物件の資産価値が上昇したら売却するという、キャピタルゲイン方式で稼ぐ方法もあります。

不動産投資は稼げるのか?収入目安を試算

不動産投資の収入は、設定する家賃からローン支払い管理費修繕積立金を差し引いた金額となります。

マミ
マミ
だいたいどれくらい稼げるんでしょう?

例えば、約2,000万円の物件で頭金1,000万円、35年ローンで組み、家賃10万円で貸し出し、管理費、修繕積立金がそれぞれ月1万円かかるとすると、

10万円 – 2万5,000円 – 1万円 – 1万円 = 5万5,000円
※ローン支払いは月2万5,000円とする

が月々の収入となります。頭金の1,000万円は初期費用としてかかることになります。

もちろんこれはあくまで一例。所持する物件数増加によってさらに大きく稼ぐことも可能です。

ただし、入居者がおらず空き家状態になってしまい、赤字になることもあるため注意しましょう。

不動産投資は誰にでも稼げるものなのか?

副業は個々の生活スタイルによっては手間がなくてできなかったり時間が合わなくてできなかったりします。

不動産投資はどうでしょうか?かかる手間、時間や場所の自由度、必要なスキルから考えてみましょう。

運用が始まれば手間はほとんどかからない

実際に家を貸し出すまでに、銀行からの融資、収益物件の選定などに大きな労力が必要です。

シンジ
シンジ
物件の選定を誤ると、毎月の返済金額を収入が下回り赤字になる場合も。

しかし、一度物件を貸し出せれば細かな管理は管理会社に任せることが可能。権利収入的にお金を得ることもできるため、メリットは大きいでしょう。

本業をしながらでもできるためサラリーマンおすすめの副業と言えます。

時間・場所の自由度は非常に高い

不動産投資は、管理会社に依頼をすれば細かな対応は管理会社が行なってくれます。

そのため、いつどこにいても問題なく、場所や時間に縛られずに運用することが可能。

自由度が圧倒的に高い副業と言えるでしょう。

物件の良し悪しを判断するスキルが肝

不動産投資において、「収益物件の選定」作業が大きな肝になります。

シンジ
シンジ
物件を購入する際には、ある程度の知識を持って臨まないといけません。

不動産会社側も、どんなに条件が良くない物件でも売りたいと考えるのが心情。セールストークに飲まれて、運営したら赤字になってしまう場合も少なくありません。

そのため、実際に不動産投資の経験者に聞いてみたり、信頼できる不動産会社にアドバイスをもらうのがベストです。

不動産投資の始め方

不動産投資を始めたくても何から始めたら良いのか分からない方も多いでしょう。

マミ
マミ
たしかに、全然わからない。
シンジ
シンジ
君は考えたことがないんでしょう。

ここでは大まかな手順を紹介します。

  • 収益物件の選定
  • 銀行で融資のお願いをする
  • 売買契約書を取り交わす

収益物件の選定

まずは実際に購入する物件の選定を行います。

不動産会社に物件を紹介してもらい、それぞれ物件の立地、土地柄、間取りなどを踏まえて、多くの物件を見てみましょう。

良い物件が見つかったら、銀行に融資をお願いするために物件の情報を用意します。

銀行で融資のお願いをする

銀行に赴き、融資申請を行います。この際に、「返済できる見込みがあるか」を伝える必要があります。

例えば、実際の物件の間取り図、写真などを融資担当者に見せたり、「家賃はいくらを考えているのか?」「収支はしっかり回るのか」などの簡単な事業計画を説明します。

融資を受けられたら、その資金で物件の購入を行います。

売買契約書を取り交わす

晴れて購入が決まったら、売買契約書を交わします。書類は不動産会社が用意してくれます。

難しい内容が多いので、分からないことは不動産会社に積極的に聞くようにしましょう。

シンジ
シンジ
始める手順を詳しく知りたい方は次の不動産投資経験者にインタビューした記事をご参考ください。

経験者インタビュー

不動産投資で必要な費用

マミ
マミ
不動産投資を始めるにはお金がたくさん必要なイメージ。簡単にはできないですよね。
シンジ
シンジ
では不動産投資にかかる費用を見てみましょう。

物件購入代が初期費用としてかかる

初期費用として物件購入費用がかかります。その額は物件によってピンキリですが最低でも1,000万円以上は必要となるでしょう。

マミ
マミ
1,000万円も貯金ないよ〜。

もちろんローンを組むことになるので厳密にはもっと少ない額で済みますし、頭金なしのフルローンで組むケースもあります。

シンジ
シンジ
フルローンなら月々の支払いは増えますが初期費用はなくなります。
マミ
マミ
それでもし利益が出せるならアリですね!

管理費や修繕積立金が継続費用としてかかる

継続費用としては、管理を管理会社に委託することになりますので、管理費が家賃収入から引かれます。

また、分譲マンションでは建物の壁やエントランスなどの共有部分の修繕のために修繕積立金が徴収されます。

これらも物件の規模によってピンキリですが、それぞれ月1万円以上は見込んでおいた方が良いでしょう。

シンジ
シンジ
ローンを組んだ場合はローン支払いも月々発生します。

不動産投資は会社にバレないでに実施できるか?

不動産投資を始めるサラリーマンは少なくないですが、会社によっては副業を禁止している場合もあります。

不動産投資は会社にバレずに実施することはできるのでしょうか?

目撃されてバレることはほぼない

不動産投資において、管理会社を挟んでいれば業務を誰かに目撃されてバレるという危険性は一切ありません。

住民税の徴収方法を普通徴収にしても赤字経営だとバレる

副業がバレるケースとして、住民税の徴収額が多くなることで会社にバレるパターンが有名です。

シンジ
シンジ
経理の方が「思てたんと違う!」っていって判明してしまいます。
マミ
マミ
経理は関西の方なんですね。

多くの副業の場合、確定申告の際に「普通徴収」を選択することで、住民税額の支払いを自分で行い、会社バレを防ぐことができます。

しかし、不動産運営が赤字となった場合はそうもいきません。赤字の場合は住民税の徴収額が安くなるため、その差異で会社にバレてしまいます。

不動産投資はそもそも禁止されていない?

副業禁止している会社でも、不動産を含めた株・FXなどの投資は特に禁止していないケースが多いです。

まずは不動産投資が会社規定で副業に当てはまるのかどうか確認してみましょう。

まとめ

不動産投資の特徴について説明しましたが、この副業は「権利的収入を得たい」人におすすめ。

興味はあっても初期投資が大きいため、なかなか一歩を踏み出せない方も多いことでしょう。

しかし、一度運用が組めれば、何もしなくても収入を得ることが可能になるため、忙しいサラリーマンは是非始めておきたい副業と言えるでしょう。