副業一覧

NISAで副業!非課税枠を利用した投資で稼ぐ

NISA

本記事では、副業としてのNISAの概要からお金を稼ぐ仕組み、収入目安、始め方、必要経費まで解説します。

NISAの副業概要

1ヶ月の期待収入

月1万円〜5万円

手軽さ

手軽

時間・場所の自由度

高い

会社へのバレにくさ

非常にバレにくい

安全性

普通

必要経費

初期 〜120万円(投資資金として)
継続 なし

必要なスキル

  • 利益を上げるための金融商品選び

メリット

  • 毎年120万円までが非課税対象となる
  • 投資信託等の売却益・分配金も非課税に

デメリット

  • 損失のリスクもある
  • 非課税になる投資額の上限と期間の制限がある

NISAでお金を稼ぐ仕組みとは?

NISA口座で年間120万円までの投資額が非課税に

NISAとは、株式や投資信託などの投資に対しての運用益が非課税となる制度のこと。

通常であれば「株式投資信託等の売却益」・「株式投資信託等の分配益」には税率として20.315%が課税されます。

しかし、NISA口座を利用して投資した場合は、毎年120万円までの投資分は非課税となるのです。(非課税期間は5年間)

マミ
マミ
例えば100万円稼いだら通常なら約20万円を納税しなきゃいけないところ…
シンジ
シンジ
納税額が0円になるわけです!

毎年の上限が120万円、非課税期間は5年間なので、最大で600万円までの投資額が非課税対象となります。

NISAは非課税枠の再利用はできない

マミ
マミ
非課税最高!どんどんNISA口座で取引しちゃおう!
シンジ
シンジ
言っておくけど非課税になるのは年間120万円の投資までだからね。

NISAは売買を何回も繰り返すような取引には向いていません。

例えば40万円の株式の売買をしたら、その年の非課税枠は残り80万円となります。40万円の株式の売買を繰り返すとしてもあと2回しかできないことになります。

そのため「購入した銘柄が下がりそうなので売却し、他の銘柄を買い直す」といったことは、何回でもできるわけではないので注意しましょう。

NISAは長期投資すると逆に税金が高くなることがある

マミ
マミ
では売り買いをこまめにしないで長期保有ね!
シンジ
シンジ
そうだね。でも非課税期間は5年だから長期保有も注意が必要だよ。

NISAの非課税期間は5年間です。この期間が過ぎると、保有している銘柄は自動的にNISA口座から課税される口座に移行されます。

例えば120万円で購入した銘柄が80万円に値下がりしたときに非課税期間が終わりを迎えたとします。

すると80万円は自動的に課税される口座に移行され、その後もし120万円に戻って売却したとすると40万円が利益と見なされ課税対象となってしまいます。

マミ
マミ
すると、40万円の約20%だから8万円も課税されてしまうのね。
シンジ
シンジ
利益が出てれば問題ないんだけど、非課税期間の終わりが迫ってるときは気をつけなきゃね。

通常の投資では、長期目線で期待できる銘柄であれば、多少値下がりしても持ち続けた方が良いでしょう。

しかし、NISAは5年の縛りがあるため、上記のように長期保有がデメリットになることがあることを認識しておきましょう。

NISAでは多種の金融商品に投資できる

NISAで購入できる金融商品は次のような種類があります。

  • 株式
  • 投資信託
  • ETF(上場投資信託)
  • REIT(不動産投資信託)
マミ
マミ
…。どれがいいんですか?
シンジ
シンジ
それぞれ特徴があるから自分の投資法に合ったものや、自分の得意な分野で勝負しよう。

株式は値動きが大きくリターンも期待できますが値下がりした時のリスクも高い商品です。

REITは不動産を運用する投資法で値崩れがしにくい特徴がありますが、リターンの期待度も低めです。

それぞれ特徴が異なるので自分の投資法に合った商品を選ぶようにしましょう。

NISAはどのくらい稼げるのか?収入目安を試算

NISAは非課税の対象となる投資額が年間120万円までと制限があります。

もちろん、選ぶ商品によって利益は左右されますが、投資額が限られているため収入を飛躍的に伸ばすことは難しいでしょう。

マミ
マミ
一体どのくらいの利益を期待できるの?
シンジ
シンジ
では年利10%で考えてみましょう。

例えば120万円の投資をし、年利10%を達成した時の1ヶ月あたりの収入は、

120万円 × 10% ÷ 12ヶ月 = 1万円

となります。

2年目以降も継続すれば複利で運用できますし、また120万円分の追加投資ができるようになりますので、さらに収入を増やすことも可能です。

ただし、購入した商品が値下がりして損をする可能性もあることは認識しておきましょう。

NISAの安全性・リスクは?

NISAにおけるリスクは購入する金融商品によっても異なります。REITは値動きは少なく、株式は比較的値動きが多くリスクは高めです。

マミ
マミ
非課税は魅力だけどリスクが大きいとためらっちゃう。

しかし、NISAでは年間の投資額が120万円までなので、120万円以上の損失を被ることはありません。

損失が青天井ではなく限定されているという意味では他の投資と比べてリスクは低いとも言えるでしょう。

NISAは誰でも実施可能か?手間・自由度・必要スキルから考える

NISAは副業としてどんな生活スタイルやスキルを持った人が実施可能なのか?手間、自由度、必要スキルから考えてみましょう。

【手間】取引自体の手間はほとんどかからない

NISAでは取引を短期間で何回も繰り返すような運用には向いていないため、一度購入すれば基本的にしばらく静観するケースがほとんど。

最初に金融商品を選んで購入してからは、値動きをチェックする程度で他は特に何もしません。

マミ
マミ
これなら「本業が忙しくてNISAができない」なんてことはないですね。

しかし、しっかり稼ぐためには金融商品選びは大切。実際に取引を行う前に勉強をしておくことは必要です。

【自由度】ネット環境さえあれば土日でも取引予約可能

NISAを使った株式取引・投資信託は、ネット証券を経由すれば全てインターネット上で取引が可能。場所の制約を受けることはありません。

また、土日でも取引予約をすることができるので「本業の勤務時間とかぶるので取引できない」といったこともありません。

時間や場所の自由度は高いので、様々な生活スタイルの方でも実践できる副業と言えます。

【スキル】良い金融商品選び

NISAは必ずしも利益を得られるわけではありません。購入した商品の価格が下がり損する可能性もあります。

誰でも始めることは可能ですが、しっかり利益を上げていくためには、良い金融商品を選ぶための知識が必要です。

NISAを始め方と必要経費

NISAを始めるためにはどのようなことが必要か。始める手順と必要な経費について説明します。

シンジ
シンジ
NISAを始めるために必要なことは次の通り。
  • ネット証券の口座を開設する
  • 開設したネット証券からNISA口座を開設する
  • NISAで必要な費用を把握する

ネット証券の口座を開設する

口座開設するネット証券の選定

NISAができるネット証券会社としては、

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • GMOクリック証券
  • 松井証券
  • マネックス証券
  • DMM.com証券

などがあります。

様々なネット証券会社を比較しながら、自分に合ったサービスを選びましょう。

ネット証券サイトから口座開設を申請する

ネット証券サイトにアクセスし、口座開設を行います。

各種規定にチェックを入れ、名前や住所などの基本情報を入力。本人確認書類の提出まで終えたら基本的な手続きは完了です。

ハガキ記載のユーザID・パスワードでログイン

手続き完了後には、登録住所に対してハガキが送付されます。ハガキ記載のユーザーID・パスワードを利用してマイページにログイン。

ここまでで、総合口座の作成は完了です。

開設したネット証券からNISA口座を開設する

NISA口座開設手続きを行う

各ネット証券のNISA申し込みから、NISA口座開設を選択します。

NISA口座開設は総合口座を事前に持っていることが必須となるので気を付けましょう。

重要事項の確認と申し込み

ID,パスワードを入力してログインを行い、NISA口座に関する注意書き・約款等を確認。

チェックボックスにチェックを行い、完了後に申し込みを行います。

「NISA口座開設必要書類提出表」を返送

WEB上での申し込み完了後、「NISA口座開設必要書類提出表」が届きます。「本人確認書類」などの必要なものを添えて、返送を行います。

書類の不備がなければ、一定期間後に口座開設が行われます。

マミ
マミ
これで準備完了!あとは投資金を入金すればNISA口座での運用を開始できます。

NISAで必要な費用

NISAでは、アカウント登録や証券口座開設費用は一切掛かりません。

投資金のみが必要となりますが、投資信託では数千円からの少額からでも投資は可能です。(年間で最大120万円まで)

NISAは会社にバレないで実施できるか?

NISAは副業禁止の会社で勤めるサラリーマンでも実施することは可能なのか?目撃、住民税などでバレるリスクについて述べます。

目撃リスクはほとんどなし

NISAにおける投資は、全てインターネット上で完結できます。

そのため、会社の人に取引画面を見られない限り、目撃されてバレる可能性はほとんどないと言えるでしょう。

非課税なので住民税でバレることはない

NISA口座内で取引を行なった場合、利益を出そうが損失を出そうが非課税となるため、確定申告を行う必要がありません。

そのため住民税の支払いによって、会社にバレることはありません。

そもそもNISAは禁止されていない?

副業を禁止している企業はまだまだ多いですが、株式やFXなどの投資は許容しているケースが多いです。

社内規定を確認し、問題なければ堂々とNISAで投資をしてしまいましょう。

マミ
マミ
これならパパにも勧められるわ!お小遣いアップ!
シンジ
シンジ
損したらお小遣い減らされるかもね。

まとめ

NISAの特徴について説明しましたが、この制度は「株式投資・投資信託で稼ぎたい」人は必ず抑えておきたいもの。

通常であれば約20%の課税を強いられますが、NISAに申し込むことで非課税になるので、メリットが大きいです。

投資をこれから始める方は是非ともNISAを利用してみましょう。