副業の知識

副業の定義とは?類似語との違いを解説

副業という言葉を調べてみると、

本業のかたわらにする仕事。
(引用元:コトバンク)

とあります。

でも複業兼業ダブルワークなど似たような言葉があり、明確な境界線が分かりづらいですよね。

本記事では副業とその類似語との違いを解説し、「副業の定義」をはっきりさせたいと思います。

副業と本業の違い

まずは大前提ですが、本業はメインの仕事、副業はそれ以外の仕事のことです。

サラリーマンであれば、勤めてる会社が本業で、その他に収入を得ている仕事は副業ということになります。

タケル
タケル
でも、会社より副業の方が稼いでたら、そっちがメインの収入源ですよね?その場合はサラリーマンが副業になるのでは?
シンジ
シンジ
自分でそう思ってる分には良いけど、世間的にはやっぱりサラリーマンが本業だよね。

どっちが本業でどっちが副業なのか自分で判断しても良いですが、会社側からしたら会社の仕事が本業という認識です。

例えば副業禁止の会社で、サラリーマン以外の仕事をしていることがバレたとして、

「会社以外の仕事の方が稼いでるからこっちが本業です!なのでこれは副業じゃありません!」

と主張したところで認められるはずがありません。あっけなく処罰を下されるでしょう。

また社会的な責任の重さもポイントです。本業と副業の責任の重さを比較すると、

本業>副業

と、副業は本業より社会的責任が小さくなるのが特徴です。

会社に雇用されている場合は、会社の看板も背負うため好き勝手はできませんが、副業は何をしてもいつ辞めても自己責任です。

基本的には収入金額に関わらず、正社員として雇用されている会社の仕事が本業、それ以外の仕事は副業と考えるのが妥当です。

副業と複業の違い

副業は本業以外の仕事のこと、それに対して複業は複数の本業を持つことを指します。

複業の意味を調べてみると、

複数の本業を持つこと。副業のような片手間仕事としてではなく、生業として別の業種を二つ以上兼務すること。
(引用元:コトバンク)

とあります。

例えば、仕事A、仕事Bがあったとして、本業と副業の関係は、

仕事A(本業)>仕事B(副業)

だったのに対し複業は、

仕事A(本業)=仕事B(本業)

と、メインとなる仕事が2つ以上ある場合に使う言葉です。

マミ
マミ
私は朝にコンビニ、夜は居酒屋のバイトをしてるんですがこれが複業ですね?
シンジ
シンジ
君の場合は学生が本業だろうけど、イメージはそんな感じかな。

基本的には、2つ以上の会社から雇用されて仕事をしている時に「複業をしている」と表現しています。

副業と兼業の違い

副業と兼業はほとんど同じことを意味していますが、兼業の方が副業よりも重要度の高い意味合いで使われることが多いです。

兼業という言葉の意味を調べてみると、

本業のほかに、べつの事業を兼ね行なうこと。
(引用元:コトバンク)

とあります。

副業も兼業も、「本業とは別に仕事をしている」という点では違いはありませんね。

ハルノブ
ハルノブ
でも兼業農家って言葉はあるけど、副業農家とは聞いたことないな。
シンジ
シンジ
実際の使い方としては「兼業>副業」のイメージです。

2つの言葉の意味を調べた時に、副業は「仕事」と表現されてるのに対し、兼業は「事業」と表現されているのがポイントです。

事業とは、「社会的な、大きな仕事。」のこと。つまり兼業と呼ぶには、本業以外の仕事が正社員やパートなど雇用契約を結ぶような社会的な重みのある仕事である必要があります。

そのため、仕事の重みを比べると、

本業>兼業>副業

というイメージになります。

兼業という言葉は兼業農家とか兼業主婦などに使われます。これらに共通して言えることは生活のために本業以外の仕事をしている、ということ。

それに対して副業は、クラウドソーシングや投資など雇用契約を結ばない、趣味の延長で収入を得ているような仕事の場合に使われることが多いです。

副業と二重就業の違い

副業と二重就業はほとんど意味は変わりません。しかし。使われ方が少し異なります。

二重就業は、会社が副業、複業、兼業などについて禁止する際に規則として記す言葉としてよく使われます。

ユリナ
ユリナ
たしかに。二重就業って聞くとなんか悪いことしてるイメージ。

二重就業の意味を調べると、

ある企業に就労(雇用)されていながら、他の職場で就労すること。
(引用元:コトバンク)

とあるので、厳密に言うと雇用されていない副業(クラウドソーシングや投資)は二重就業に当たらないことになります。

ただし、実際にはそのような副業も引っくるめて使用されているので、二重就業は副業、複業、兼業などを含めた意味合いと捉えた方が良さそうです。

副業とダブルワークの違い

副業とは本業以外のもう一つの仕事のことを指しますが、ダブルワークは収入の発生する仕事が2つある状態を言います。

ダブルワークの意味を調べてみると、

定職をもちながら、夜間や休日などに他の仕事をすること。収入の不足を補うために副業をもつこと。
(引用元:コトバンク)

とあります。

「副業をしている」と言えば当然、他に本業の仕事があることが想像できますので、イコール「ダブルワークをしている」ということになります。

そのため、副業とダブルワークはほぼ同義語のように使うことができますね。

ユリナ
ユリナ
じゃあ私も主婦業をしながらクラウドソーシングで稼いでるからダブルワークだ。
シンジ
シンジ
いや、そのケースはあまりダブルワークとは言わないですね。

しかし主婦の場合、主婦業が本業なので他に仕事をしていればそれを「副業」と呼びますが、この状態を「ダブルワーク」とはあまり呼びません。主婦業の他に2つ以上のパートを掛け持ちしているならそれはダブルワークです。

例えばパートの募集で「ダブルワーク歓迎!」とか「ダブルワーク禁止」といったように使われています。要するに仕事を掛け持ちして良いかどうかってことですね。

そのため、副業とダブルワークはほぼ同じような意味でも使われますが、ダブルワークと表現する場合は本業が「雇用されて収入を得ている仕事」であることがポイントになります。

副業とボランティアの違い

副業は収入を得る目的で行うのに対し、ボランティアは収入目的ではない活動のことを指します。

ボランティアの意味を調べると、

自発的にある活動に参加する人。特に、社会事業活動に無報酬で参加する人。
(引用元:コトバンク)

とあります。

ボランティアであっても謝礼金が渡される場合がありますが、活動の目的が「お金をもらうことではない」ことがポイントです。

タケル
タケル
でも結局お金をもらっていたら会社に怒られるんじゃ…。
シンジ
シンジ
いやいや、多分そんなことはないよ。

副業禁止の会社であっても、ボランティアまで禁止しているケースはあまりありません。むしろ従業員に呼びかけている会社も多々あり、賞賛されるべきことです。

就業規則に「ボランティア禁止」と明記されていない限りは、副業禁止の会社であってもまず問題ないでょう。

【まとめ】副業の定義とは?

副業とその類似語との違いを説明してきましたが、これらを踏まえて副業を定義してみます。

副業とは、

しなくても生活に困るわけではないけれども、収入を得る目的で、本業とは別にしている仕事。

です。

中にはほとんど同じような意味を持つ言葉もありましたが、その時の局面によって適切な表現を選んでいきましょう。