副業一覧

データ入力で副業!タイピングスキルを活かして稼ぐ方法とは?

本記事では、副業としてのデータ入力の概要からお金を稼ぐ仕組み、収入目安、始め方、必要経費まで解説します。

データ入力の副業概要

1ヶ月の期待収入

1万円〜5万円

手軽さ

普通

時間・場所の自由度

非常に高い

会社へのバレにくさ

非常にバレにくい

必要経費

初期 なし
継続 なし

必要なスキル

  • タイピングスキル

メリット

  • 費用が一切かからない
  • 匿名で仕事を受けることができる

デメリット

  • タイピングスキルが上がらないと時間単価の割りが合わない
  • 単純作業なので飽きる

データ入力でお金を稼ぐ仕組みとは?

データ入力とは、PDF資料、名刺の情報などをテキストに変換する副業のことです。

データ入力の仕事は、クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用することで受注することができます。

データ整理する手間が惜しい依頼者、得意なタイピングで副収入を得たい受注者、そして両者を仲介して手数料を得るクラウドソーシングの利害が一致して成り立つビジネスです。

ユリナ
ユリナ
データ入力は実際にどんなことをするのですか?

データ入力は次のような手順で作業をします。

  1. 案件を探す
  2. 提案をする
  3. 受注する
  4. データ入力作業をする
  5. 修正作業
  6. 納品して完了

クラウドソーシングに掲載されているデータ入力の案件のうち、興味があるものに対して提案を行います。

提案とは「過去のデータ入力の経験」などのアピールを仕事を依頼するクライアントに行うこと。

クライアントに提案を選んでもらえたら正式に受注となります。実際にデータ入力、間違いがあったデータの修正などを踏まえて、完了した作業に対して報酬が支払われます。

データ入力って稼げるの?収入目安を試算

ユリナ
ユリナ
データ入力の仕事はどのくらい稼げるものなんでしょうか?
シンジ
シンジ
収入は1件あたりの単価や入力文字単価と、作業本数によって左右されます。

1件あたりの単価はデータの文字数やボリュームによっても変わります。例えば、名刺情報をExcelに入力する案件では大体1枚10円前後が相場です。

また、発生した報酬金額からは20%がクラウドソーシングサイトから手数料として引かれます。

仮に名刺情報入力において、1件10円の案件を月5,000枚実施すると月収は、

10円 ×5,000件 × 80% = 4万円

となります。

もちろんこれはあくまで一例。受けた仕事の報酬単価や、受注した案件の本数が増えればさらに大きく稼ぐこともできます。

しかし、競合も多いのでコンスタントに受注できるとも限りません。思ったよりも仕事が取れずに稼げないこともあるので注意しましょう。

ユリナ
ユリナ
私はタイピングは自信あるからやってみようかな。

データ入力は誰にでも稼げるものなの?

ユリナ
ユリナ
でもデータ入力の副業って誰でもできるものなでしょうか?
シンジ
シンジ
タイピングスキルはあった方が良いけど誰でもできる仕事だよ。

かかる手間はタイピングスピード次第

データ入力の副業で大事になるのはタイピングスピード。このタイピングスピードが上がらないと時給変換した時に、作業量と報酬が見合わなくなるのです。

この点は、良く使う言葉を事前に単語登録しておくなどの工夫でタイピングを効率化したり、案件を繰り返しこなしていくことで入力スピードも向上していきます。

副業開始直後は1日4時間など多めに時間をかける必要あります。しかし、入力スピードがあがれば効率の良い手軽な副業となるでしょう。

時間・場所の自由度は高い

データ入力の仕事は、インターネット環境とパソコンさえあれば、場所や時間に縛られずに、好きな時間に好きな場所で仕事をすることが可能。

時間や場所の自由度の高い仕事であるため、サラリーマンや主婦でも取り組みやすい副業と言えるでしょう。

タイピングスキルが高い方が有利

データ入力で大切なスキルとして、短時間に多くの文字を入力できるタイピングスキルは必要です。

もちろん遅くても時間をかければできる仕事なので初心者でもできますし、仕事を重ねるに連れて徐々にスピードを上げていくこともできるでしょう。

効率よく仕事するにはスキルは必要ですが、初心者であっても挑戦することは可能な副業と言えます。

ユリナ
ユリナ
在宅で家事の合間にできるのは魅力的ですね。
シンジ
シンジ
単純作業が苦にならない人には良い副業です。

データ入力の始め方と必要経費

ユリナ
ユリナ
ではデータ入力の仕事はどのようにして始めるのですか?
シンジ
シンジ
データ入力を始める手順と必要な経費を見ていきましょう。

クラウドソーシングサイトに登録

まずはデータ入力の案件を取り扱っているクラウドソーシングサイトに登録します。クラウドソーシングには、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

など多くの種類があります。

競合も多いので、受注量を増やすにはできるだけ多くの案件に提案した方が良いです。そのため、複数のサイトに登録をしましょう。

登録の際は、名前、生年月日、電話番号などの基本情報を登録しましょう。

プロフィールの設定

次にプロフィールを設定します。顔写真、プロフィール文などを設定しましょう。

特にプロフィール文は仕事を得るために大切な設定です。なぜなら、プロフィールに書かれている内容を見て仕事が直接依頼される場合もあるからです。

  • 1日どの程度の時間を仕事に費やせるのか?
  • どんなことが得意なのか?
  • 過去の実績

などをまとめることが大切です。

データ入力で必要な費用

データ入力は初期費用と継続費用ともに一切かかりません。そのため副業を始めてもリスクは発生しません。

しかし、実際に発生する報酬から20%はクラウドソーシングサイトに引かれますので、この点は認識しておきましょう。

データ入力は会社にバレないで実施できるか?

データ入力作業は、全てオンライン上で完結する作業のために会社にバレる可能性は限りなく低いです。

会社にバレるのが怖い方には、データ入力の仕事は安心な副業です。

まとめ

データ入力の特徴について説明しましたが、この副業は「タイピングに自信がある」人におすすめ。

タイピングスピードが速くなると、多くの案件を高時給の案件に変えることが可能です。

慣れるまでは見合った報酬は受け取れないですが、着実に経験を積むことで稼げるようになる副業と言えます。