副業探索!ほくほく党

ライティングで副業!文章を書いて稼ぐ方法とは?

ライティングは経費がかからず、作業をした分だけ確実に稼げるため、初心者でも始めやすい副業として人気を集めています。

本記事では、副業としてのライティングの概要からお金を稼ぐ仕組み、収入目安、始め方まで解説します。

ライティングの副業概要

1ヶ月の期待収入

月5万円〜10万円

手軽さ

手軽

時間・場所の自由度

非常に高い

会社へのバレにくさ

非常にバレにくい

必要経費

初期 なし
継続 なし

必要なスキル

  • コピーライティングスキル
  • SEOを考慮した記事作成スキル

メリット

  • 費用が一切かからない
  • 匿名で仕事を受けることができる

デメリット

  • 報酬から20%のサービス手数料が引かれる

ライティングでお金を稼ぐ仕組みとは?

ライティングとは、ブログの記事・コラム・商品紹介などの記事を作成して報酬を得る副業です。

ライティングの仕事はどうやって探せば良いのですか?

クラウドソーシングサービスから見つけることができますよ。

ランサーズクラウドワークスサグーワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用することで仕事を受注することができます。

サイトに掲載する記事を書く手間がない依頼者、文章を書いて稼ぎたいライター、そしてその2者をマッチングさせて手数料を得るクラウドソーシングサービスがあって成り立つビジネスです。

ライティングって、具体的にどんなことをするんですか?

それでは、ライティングの手順についてみてみましょう。

ライティングの副業は次のような手順で作業をします。

  1. 案件を探す
  2. 提案をする
  3. 受注する
  4. 記事作成・納品
  5. 指摘箇所を修正
  6. 承認をもらい完了

まずはクラウドソーシングのサイトに掲載されている依頼案件を選びます。自分が対応できそうなもの、金額や依頼記事数など条件が合うものを選びましょう。

興味がある案件があったら提案を行います。提案とは「こんなスキルがあります」「こんな記事を書けます」などのアピールをクライアントに行うこと。

クライアントに自分の提案を選んでもらい、正式依頼を受けて初めて受注となります。実際に記事作成、記事修正などを経て、作成完了した記事に対して報酬を得ることができるのです。

ライティングって稼げるの?収入の目安を算出

ライティングの仕事ってどのくらい稼げるものなんでしょうか?

ライティングの収入は文字単価と作成記事数によって左右されます。

ライティングは「3,000文字3,000円」といったように記事の文字数によって単価が変動します。初めのうちは文字単価1文字1円前後が目安となります。

また、受注金額からはサービス手数料が引かれます。手数料はサービスによっても異なりますが、大体20%が相場です。

仮に文字単価1円、3,000文字の記事を月20本書いた場合の月収は、

1円 × 3,000文字 × 20本 × 80% = 4万8,000円

となります。

もちろんこれはあくまで一例。実績を積んで要求の高い記事にも対応できるようになれば1文字2円などで受注することも可能。

文字単価の他、記事の本数が増えれば更に大きく稼ぐこともできるでしょう。

月5万も稼げたら家計は助かるし、文書くのも好きだからやってみたいな。

ライティングは誰にでも稼げるものなの?

でもライティングって誰でもできるものなんでしょうか?

より稼ごうと思ったらスキルは必要だけど初心者でも大丈夫。

簡単に始められ、慣れれば短時間の作業で稼げる

ライティングの仕事は初心者向けの募集も多くあり、誰でも簡単に始めやすいのが特徴。

始めのうちは、文字単価が安くて報酬が割りに合わないと感じる部分はあるかもしれません。

しかし、入力スピードが上がったり、高単価の案件が取れるようになると時間単価も2,000円、3,000円と効率を上げることが可能です。

副業の作業時間は1日1時間からでもOK。サラリーマンでも主婦でも簡単に始められる副業です。

いつでもどこでも作業ができる

ライティングの仕事は、インターネットが繋がる環境とパソコンさえあれば仕事ができます。

スマホでも作業ができるので、いつでもどこでも取り組むことが可能。仕事や家事の合間に作業をするのも良いでしょう。

場所や時間を選ばずに取り組めるのが、ライティングの大きなメリットです。

コピーライティング・SEO対応スキルが必要

とにかく文章を最後まで飽きずに呼んでもらうためのコピーライティングスキルが必要。

コピーライティングスキルを高めるために、初心者は勉強しましょう。書籍やネット情報でも十分学べるので、そんなに構える必要はありません。

また、多くのWebサイトは「いかに検索結果で上位表示させるか」というSEOを考慮した記事作成スキルも求められます。

自分のサイトを検索上位に表示させたいクライアントがほとんどなので、SEOに対応できれば重宝される存在となれるでしょう。

家事の合間にできるのは嬉しいですね!スキル習得も頑張ってみようかな。

スキルは工夫は必要だけど特別難しいものでもないから、やりながら覚えていけばOK!

ライティングの始め方と必要経費

それではライティングはどのようにして始めることができるんですか?

ライティングを始める手順と必要な経費についてみていきましょう。

クラウドソーシングサイトに登録

ライティングの仕事を探すことができるクラウドソーシング業界には、多様な会社が参入しています。

例えば、

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

などの種類があります。

まずは登録を行い、名前、生年月日、電話番号などの基本情報を登録しましょう。

プロフィールの設定

活動するユーザー名、プロフィール、顔写真の設定などを行います。

特にプロフィールは、クライアントが仕事を依頼するかどうかの判断基準にもなるので、以下のことに気をつけて設定しましょう。

  • どんなジャンルが得意なのか
  • 1日どれくらい作業できるのか
  • どんな資格を持っているのか

などを細かく記載することで仕事の受注に繋がりやすくなります。

ここまで設定できればもう準備完了。早速案件を選んで提案をしてみましょう。

ライティングで必要な経費

ライティングでは初期費用と継続費用ともに一切かかりません。

そのため失敗したとしてもリスクはありませんので、気軽に始めることができます。

ただし、プロジェクトが完了して得た報酬の20%はクラウドサービス利用料として引かれます。

本当に簡単に始められるんですね。費用がかからないのも家計に優しい!

ライティングは会社にバレないで実施できるか?

ライティングの仕事は、取材案件などの対面で会う仕事を選ばなければリスクはありません。

また、匿名で登録して作業することも可能であるために、会社バレの可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

まとめ

ライティングの特徴について説明しましたが、この副業は「リスクなく副業を始めたい」人におすすめ。

初期費用や継続費用が一切かからないため、上手く行かなかった時のリスクはほとんどありません。

もし失敗しで資産を減らしたくない副業を始めたい方には、イチオシの仕事です。




サイトマップ