副業探索!ほくほく党

ハンドメイドで副業!自作の商品を販売してみよう

本記事では、副業としてのハンドメイドの概要からお金を稼ぐ仕組み、収入目安、必要経費まで解説します。

ハンドメイドの副業概要

1ヶ月の期待収入

月1万円〜5万円

手軽さ

非常に手間がかかる

時間・場所の自由度

普通

会社へのバレにくさ

バレにくい

必要経費

初期 なし
継続 月1万円〜(材料によって変動)

必要なスキル

  • ブランディングスキル
  • 商品製作スキル

メリット

  • 自分がデザインした商品を販売できる
  • スキマ時間に商品作成が可能

デメリット

  • 売れ残り、赤字のリスクもある

ハンドメイドでお金を稼ぐ仕組み

ハンドメイドって、どんな副業なの?

自分で作ったモノを販売して稼ぐ副業です。

ハンドメイドとは、アクセサリー、スマホケース、消しゴム判子などを自身で製作し、販売をするビジネスモデルのこと。

材料はSeriaなどの100円ショップや、通販サイトのNETSEAOuiOuiCraft Tamagoなどから仕入れることができます。製作する商品に合わせて材料を仕入れましょう。

商品を製作したら、出品サービスを介して商品を販売します。出品サービスは、minneCreemaiichiメルカリなど多く存在します。

商品が売れた後には、梱包と発送作業を行なって作業は完了。売上金額から販売手数料を引いた金額が自分の収入となります。

自分がデザインした商品を買ってもらえるのは大きなやりがいになりますよ。

私こういうの好きです!やってみたいな。

ハンドメイドの収入目安

でもハンドメイドってどのくらい稼げるものなんでしょうか?

収入は、材料費と販売価格の差、商品販売数によって変わります。

商品はネックレス、ピアスなどのアクセサリーから、スマホケース、消しゴム判子など様々。販売価格も1,000円以下のものから5,000円まで幅があります。

仮に材料費1個1,000円の商品を2,000円で販売した場合、月に30個販売することを想定すると利益は、

(2,000円 – 1,000円) × 30個 = 3万円

となります。

この金額から出品サービスが決めた販売手数料(10%〜20%程度)が引かれた金額が、収入として販売者に振り込まれるのです。

もちろん、これはあくまで一例。商品単価の設定を変えたり、人気が出て売れ行きが良くなれば、より大きく稼ぐこともできるでしょう。

しかし、商品が売れなければ赤字になってしまうので注意。

ハンドメイドは誰にでもできるものなの?

ハンドメイドは誰にでもできるものなんでしょうか?

できなくはないけどサラリーマンより主婦に合ってる副業です。

仕入れ・製作など手間はとてもかかる

材料の仕入れ、商品の製作はとても手間がかかる作業です。価格競争力を出すためにはできるだけ安く仕入れなければいけませんし、誰でも簡単に作れるような商品では売れないからです。

また、どんなコンセプトで売り出すのか、どんなデザインで作るのかなどを考える必要もあり、これにも時間がかかります。

そのため「モノを作るのが好き」「デザインを考えるのが好き」でないと、なかなか続かない副業と言えます。一日の作業時間は仕入れを含めて3〜4時間は初期は欲しいところです。

時間は融通が利くが場所の自由度はない

商品の仕入れから製作、梱包作業まで行うことを考えると、場所を移動しながら作業をすることはできません。

しかし、スキマ時間などでいつでも作業しても良いので、時間的な自由度は高いと言えます。

「サラリーマンが仕事の合間に」は場所的な制限から厳しいですが、在宅でもできるため「主婦が家事の合間に行う」には良い副業ではないでしょうか。

ブランディングスキルが必要

ハンドメイドでは「デザイン」が大きなポイント。「この人のデザインが欲しい」と思われるようなブランディングスキルが必要です。

シャネルやルイ・ヴィトンのように商品をブランド化することで売りやすくなるのです。

また、商品のリピート率を高めるために耐久性にこだわった商品を作れるスキルも必要と言えるでしょう。

在宅でできるのはうれしい!家事や子育ての合間にできるもの!

ハンドメイドを始めるためには?

ではどうしたらハンドメイドの副業が始められますか?

それでは始め方や必要な費用を見ていきましょう。

材料を仕入れる

まずは材料を仕入れましょう。前述した材料仕入れサイトや、近くの100円コーナーなどで商品を作成する上で必要な材料を購入しましょう。

まとめて材料を購入することで、費用を安く抑えることも可能です。

商品を製作する

仕入れた材料が集まったら、実際に商品を製作します。作り方が分からない場合はネットや本に載っているものを調べてみましょう。

将来的に、ある程度の商品ラインナップを揃える場合は、コンセプトを決めることが大切です。例えば「布製品のみを作る」「独自のブランドマークを作る」など。

商品のブランド化を行うことで、独自性を引き出すことができ、選ばれやすくなるのです。

出品サービスに商品を登録する

出品サービスには、

  • minne
  • Creema
  • iichi
  • メルカリ

などがあります。

これらのサービスに出品者登録を行い、製作した商品を出品。価格、商品説明などを記載、写真を掲載して、商品を登録します。

梱包・発送の方法について確認

商品の注文が確定した後は、商品の梱包・発送作業を行います。梱包の丁寧さも、今後のリピートに関わるために、手を抜けない作業です。

販売する際は事前に、梱包をどのようにするか、発送はどのようにしたら安く効率よく送れるかなどを確認してから始めるようにしましょう。

材料費が継続的にかかる

主に、材料費のみが費用としてかかります。どんな商品を作るかによって、材料費が継続的にかかることを覚えておきましょう。

材料費は大量に仕入れることで1個あたりの仕入れ値を安くすることが可能。できるだけ利幅を大きくするために材料費を抑える工夫をしましょう。

最初は材料費の安いものから始めてみようかな。

会社にバレずに実施できるか?

ハンドメイドは基本的にWebサイト上で完結するために、会社バレの可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

しかし、有名になって自身の実名が取り上げられたりすると、バレるかもしれません。

まとめ

ハンドメイドの特徴について説明しましたが、この副業は主に「手作業が好きな主婦」の方におすすめ。

モノづくりが好きな方には、自身のブランドをデザインしたりとやりがいを持てる副業と言えるでしょう。




サイトマップ