副業探索!ほくほく党

ドロップシッピングで副業!在庫を持たずに収入を得よう

本記事では、副業としてのドロップシッピングの概要からお金を稼ぐ仕組み、収入目安、始め方、必要経費まで解説します。

ドロップシッピングの副業概要

1ヶ月の期待収入

1万円〜5万円

手軽さ

普通

時間・場所の自由度

非常に高い

会社へのバレにくさ

非常にバレにくい

必要経費

初期 なし
継続 なし

必要なスキル

  • プレゼンテーションスキル

メリット

  • 費用が一切掛からない
  • 発送する手間、仕入れ作業が一切なし

デメリット

  • 商品販売難易度が高い
  • 商品在庫をコントロール出来ない

ドロップシッピングでお金を稼ぐ仕組み

ドロップシッピングって、どんな副業なんですか?

ドロップシッピングとは、ネットショップの形態の一つです。

ドロップシッピングとは、「在庫管理や商品発送作業はメーカーに任せ、商品販売だけをメインで行う」というネットショップの新しい形の副業です。

ドロップシッピングサービスを介してネットショップを運営することで実施が可能。

サービスへの登録が無料で、仕入れも必要ないため、必要費用なしのノーリスクで始められるのが特徴です。

え?!商品を売るのに仕入れが必要ないってどういうこと?

実施する内容は、ドロップシッピングサービスで取り扱っている商品を、自身が作成したネットショップで紹介するだけ。

受注になったら、その商品のメーカーから発注者に直接商品が発送されます。受注処理やクレーム対応はサービス会社が代行します。

その後、売上金額の一部が収入となる仕組みです。販売以外の業務はメーカーとサービス会社が実施するので、仕入れも在庫を持つ必要もありません。

メーカー側にも販路を広げられるメリットがあって成り立っているビジネスです。

ドロップシッピングの収入目安

ドロップシッピングはどのくらい稼げるものなのですか?

ドロップシッピングは商品1件の販売単価によって大きく収入は変動します。

商品の種類は食品から家具、フィットネス機器まで様々。

例えば8畳分のコルクマットであれば、仕入れ値が1万4,500円。自宅で簡単に運動できるエアロバイクであれば仕入れ値が1万8,000円〜2万3,000円が相場です。

仮に1万8,000円の仕入れ値のエアロバイクを、2万3,000円で販売、月に10台販売することを想定すると、

(2万3,000円 – 1万8,000円) × 10台 = 5万円

が利益という計算になります。

しかし、実際に振り込まれる金額は、発生した利益に対して4%〜20%のみです。そのため、仮に20%と仮定すると、

5万円 × 20% = 1万円

が報酬金額となります。

もちろんこれはあくまで一例。競合に勝つために利益を削れば収入は減りますし、販売数を多くできればより大きく稼ぐことも可能です。

ドロップシッピングは誰にでもできるものなの?

ドロップシッピングって誰でも稼ぐことができるんですか?

始めるのは簡単だけど、稼ぐのは結構難しいよ。

始めやすいが差別化に手間がかかる

初期費用も必要なく、サイトに登録するだけで簡単に始められます。そのため、副業を始めること自体は手間がほとんどかかりません。

しかし、実際に商品販売を成約させるためには、かなりの手間を要します。

初心者も参入しやすい副業であることから、競合も多いです。単純な価格競争になってしまうとほとんど利益を得ることができなくなってしまいます。

そのため、作成したネットショップのデザインから、商品紹介文、広告デザインなどを含めて「差別化」を考えなければいけません。

作業時間としては1日3〜4時間はドロップシッピング開始当初は欲しいところ。しかし一度、商品販売のコツが掴めれば作業時間は減少していきます。

時間・場所の自由度は非常に高い

在庫管理なし、商品発送作業は全てメーカーが行います。受注処理やクレーム対応もサービス会社が代行します。

そのため、インターネットさえ繋がる場所であれば、たとえ海外にいても仕事を回すことが可能。時間、場所の自由度は非常に高いと言えます。

プレゼンスキルが必要

いかに自分が提案するキャッチコピー、商品説明に興味を持ってもらえるかが大きなポイント。

他の多くのウェブサイトでも販売されている商品を、自分のショップから買ってもらうには明確な理由付けが必要になります。

どのような紹介をすれば、購入検討者に伝わるかを考えて、販売成約までを上手くプレゼンすることが大切なスキルと言えます。

稼ぐまでが大変だけど、自由度が高いのはサラリーマンにはいいですね!

ドロップシッピングを始めるためには?

それではドロップシッピングはどのように始めれば良いのですか?

それでは始めるために必要なことを紹介します。

ドロップシッピングサービスにユーザー情報を登録する

ドロップシッピングサービスは、

  • もしもドロップシッピング
  • 通販素材.com
  • MakeShop

などが有名です。

それぞれのサイトの特徴を調査して、好きなサイトで登録作業を行いましょう。

必要な情報は、メールアドレス、氏名、住所などの基本情報で登録可能です。

自身のネットショップを開設する

ドロップシッピングサービスの中にある、ネットショップ作成ツールを利用。自分のネットショップを開設しましょう。

例えば、もしもドロップシッピングであれば「ショップできすぎくん」という無料ツールが完備。視覚的な操作で簡単にネットショップを作成可能です。

作成後は、取り扱う商品を決定し、販売金額や商品説明などを設定。細かな修正を繰り返しながら、実際に商品が購入されるのを待ちましょう。

費用なしでも始められる

ドロップシッピングにおいては、初期費用から継続費用まで全て無料です。

無料のドロップシッピングサービスに登録するだけで、誰でも簡単に始められます。リスクなしで始められるのが大きなメリットと言えます。

しかし、集客のためにリスティング広告を出す人もいますが、その場合は費用が発生します。

簡単だしリスクがないし、とりあえず始めてみようかな。

ドロップシッピングは会社にバレずに実施できるか?

でもネットショップを開いて会社にバレるなんてことありませんかね?

ドロップシッピングでは、直接的に人に会ったり、名前などの個人情報を伝える場面はありません。

そのため、住民税の支払いにさえ気をつければ会社にバレる可能性はほとんどないでしょう。

ただし、ネットショップの信頼度を向上させるために顔と名前を掲載するケースもあります。その場合はバレる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

ドロップシッピングの特徴について説明しましたが、この副業は「ノーリスクで副業を始めたい」人におすすめ。

その理由は、初期費用も継続費用もかからないため、一切リスクが存在しない副業だからです。

リスク0で始められて、どうすれば商品が売れるのかを学べる「見せ方」を身につけることができる、得るものが多い副業とも言えます。




サイトマップ