副業探索!ほくほく党

部屋貸しで副業!場所の有効利用で高収入

近年、自身が借りている部屋や家の空き部屋を貸し出すことで、収入を得る人が増えています。

理由として、この数年は首都圏でのホテル料金が高騰していることもあり、より安く宿泊したいというニーズが多いためです。

今回は、副業としての部屋貸しビジネスの概要からお金を稼ぐ仕組み、必要経費まで解説します。

家や部屋を貸す副業の概要

1ヶ月の期待収入

月5万円〜10万円

手軽さ

普通

時間・場所の自由度

高い

会社へのバレにくさ

非常にバレにくい

必要経費

初期(自身の住む部屋を使う場合) 〜1万円
初期(部屋を新たに借りる場合) 30万円〜
継続 月5万円〜

必要なスキル

  • プレゼンテーションスキル

メリット

  • 空いている部屋を貸すだけで収入を得られる

デメリット

  • 副業用に部屋を借りる場合、維持費の負担が大きい
  • 場合によっては損を出すこともある
  • 清掃作業が発生する

部屋貸し副業でお金を稼ぐ仕組み

部屋貸しとは、どのようにしてお金を稼ぐ副業なのですか?

専門サービス業者を介して部屋を貸し出すことで報酬が得られます。

まずはインターネットから、家や部屋を貸すサービスに会員登録を行います。代表的なサービス業者はAirbnbカウチサーフィンホスピタリティークラブなど。

アカウント登録を経て、実際にサイトに掲載したいお部屋の情報を入力します。サイトに掲載後、その掲載情報に興味を持ったユーザーからの宿泊リクエストを受信。

その後、ユーザーと鍵の受け渡しなどをメールでやりとりをし、部屋を貸し出すことで取引が成立する流れとなっています。

宿泊料金は前払い方式が基本。支払いのトラブルなども起きにくいシステムです。

しかし、部屋貸しサービスって、どんな人に需要があるんだい?

東京や大阪などの首都圏は、海外から日本へ来日するインバウンド観光客の増加に伴いホテル施設が不足しています。

その影響から東京のホテルはビジネスホテルでも8,000円以上と料金高騰の流れが目立っているのです。

その為、「宿泊費を浮かして遊びにお金を回したい」観光客などに需要があるサービスと言えます。

部屋貸し副業の収入目安

部屋貸しはどのくらい稼げるものなのかな?

単価は、貸し出す部屋タイプなどによって大きく変わります。

部屋タイプ別の相場としては、都内のドミトリータイプの宿泊施設で2,000円〜3,000円代。都内の一人暮らしワンルームの部屋で4,000円〜6,000円代。都内の高級タワーマンションなどになると1万円以上が目安です。

1ヶ月の収入は、仮に都内の一人暮らしワンルームの部屋を1日6,000円設定、月に10日貸出すことを想定すると、

6,000円 × 10日 = 6万円

という計算になります。

もちろんこれはあくまで一例。週末利用料金などの細かな条件設定をすることで、より単価を上げることも出来るでしょう。

部屋貸し副業は誰にでも出来るものなの?

部屋貸しは誰にでもできるものなんだろうか?

基本は鍵の受け渡しと清掃ができる時間さえあれば誰でもできます。

手間は「鍵の受け渡し・清掃」と「差別化」

部屋を貸し出すのは、サイトに登録するだけでOK。しかし、ユーザーとの鍵の受け渡しや、チェックアウト後の掃除やアメニティ補充などの手間は必要となります。

必要な時間としてはチェックイン前とチェックアウト後の清掃と、鍵の受け渡しでおよそ2時間〜3時間程度。サラリーマンの副業としても実施可能な範囲です。

より稼ぐには、紹介文の「差別化」を考えなければいけません。

部屋にニンテンドースイッチやPS4などゲーム機を置いたり、部屋自体をジブリやディズニーに特化したデザインにしたりなど、より選んでもらうための工夫が必要です。

時間・場所の自由度は高い

鍵の受け渡しや部屋の清掃など、必ず発生する作業があります。特に鍵の受け渡しはユーザーと時間を合わせなければなりません。

しかし、お金を払ってこの作業を外注してしまえば、その場にいなくてもお金を稼ぐことが出来ます。外注化できれば自由度はかなり高いと言えるでしょう。

プレゼンのスキルが必要

いかに特徴のある部屋にできるかが大切な要素。部屋内のデザインをアニメをふんだんに使うことで宿泊客を集めたり、NetflixHuluが観れるなどの変わった特典を付けたりする工夫が必要です。

都内ワンルームというだけでは、他の物件との金額勝負になってしまうため利益が上がりづらくなります。

「この部屋に泊まりたい」と相手に思ってもらう特徴を作ること、それをアピールするプレゼンテーション能力が必要と言えるでしょう。

部屋貸し副業を始めるためには?

では、部屋貸しはどのようにして始めたら良いのですか?

始めるためには各種申請・登録が必要です。

自治体へ宿泊事業の申請をする

2018年6月15日より、住宅宿泊事業法という新しいルールが施行されました。これに伴い、部屋を宿泊事業として利用する為には、自治体への申請が必要となります。

申請後に発行される届出番号を物件ページに記入することで、ゲストの宿泊施設として貸し出すことができるのです。

届出番号の記載が物件のページにない場合、検索ページで非表示となりますので注意しましょう。

部屋貸しサービスサイトにユーザー情報を登録する

家や部屋を貸すサービス業者には主に、

  • Airbnb
  • カウチサーフィン
  • ホスピタリティークラブ

などがあります。

まずはこのような部屋貸しサービスのサイトにユーザー登録を行いましょう。

メールアドレス、名前や住所、顔写真、電話番号などの登録が必要になります。

自分の物件詳細を登録する

部屋のタイプ、ベット・バスルームの数、部屋の紹介文から設備情報など、物件の概要を登録します。

また、部屋内の写真も、借り手がよりイメージしやすくするために必要な情報です。

宿泊料金・予約出来る日などを細かく設定して部屋を登録。あとは、興味のあるユーザーからの宿泊予約リクエストを待ちましょう。

敷金・礼金・家賃と清掃に費用がかかる

部屋を副業用に借りる場合は、その部屋の敷金礼金が初期費用(30万円〜)として必要です。その他、清掃費用(〜1万円)がかかります。

すでに住んでいる家の部屋を貸し出す場合は、初期費用は清掃費用のみで問題ありません。

継続費用としては、主に家賃や管理費(月5万円〜)がかかり、決して安くありません。そのため、実際の売上よりも費用が上回ってしまうと、損失となってしまうので注意しましょう。

なるほど。子供が独り立ちして空いてる部屋があるからやってみようかな。

会社にバレずに実施出来るか?

実際に鍵を引き渡す際、宿泊予約の相手がもし会社の同僚だったら…バレる可能性があります。

しかし、自分が出したアパートに面識のある会社の人が予約してきた場合は、予約の段階で相手の個人情報は確認できるため、誰かに鍵の引き渡しを任せるなどの対応も可能です。

また、物件を検索する際に物件を貸すホストの名前が表示されますが、細かくホストの名前までチェックする人は多くありません。

このような理由から、バレるリスクは限りなく低いと言えるでしょう。

まとめ

部屋貸し副業は、家に宿泊可能な空き部屋がある方にはおすすめ。初期費用をさほどかけずに始めることができます。

また、「国際交流が好き」な人も注目です。その理由は、予約する多くの人は海外の方であり、鍵の引き渡しや旅のサポートなどを含めて実際に世界各国の方と交流ができるからです。

部屋の有無も重要ですが、国際的なコミュニケーション能力がある人、より部屋を魅力的にPRできる人に向いている副業と言えます。




サイトマップ