副業探索!ほくほく党

YouTubeで副業!アクセスを増やして広告収入で稼ぐ

ユーチューバーがテレビでも大きく取り上げられたり、副業でYouTubeを始める人が増えています。しかし、「YouTube」は実際にどのような副業なのでしょうか?

ここでは、副業としてのYoutubeの概要、お金を稼ぐ仕組み、期待収入、始め方まで、細かく解説致します。

YouTubeの副業概要

期待収入

月20万円以上

手軽さ

非常に手間がかかる

時間・場所の自由度

高い

会社へのバレにくさ

バレやすい

必要経費

初期 10万円〜30万円
継続 月1万円〜 (企画によって異なる)

必要なスキル

  • 動画編集スキル
  • 企画発案能力
  • 動画構成能力

メリット

  • 過去動画が資産化する
  • 周りから批判されても収益が上がる仕組み

デメリット

  • 顔バレする場合が多い
  • 外撮影での撮影許可などが必要
  • いくら努力しても人気がでなければ稼げない

YouTubeでお金を稼ぐ仕組みとは?

YouTubeで副業って何をどうしたら収入が得られるんですか?

動画を投稿してお金を稼ぐんだよ。

基本的にはYouTubeに動画を投稿、その動画に広告設定を行います。実際に広告が付いた動画を視聴者に見てもらうことで、収入が発生するのです。

しかし、動画に広告を付けるには「YouTubeパートナーシップ」に参加必須。

参加する条件として、再生時間4,000時間以上、チャンネル登録者1,000人などの条件をクリアする必要があります。

動画の投稿でお金がもらえる?いったい誰が得するんですか?

広告主も動画再生することでメリットを得ているんです。

動画には企業広告が表示されるため、再生されればされるほど企業側の大きな宣伝効果に繋がります。

お金が発生するフローは次の通り。

  1. 企業側がYouTubeに対して広告出稿を依頼し、広告料を支払う
  2. 企業側が支払った金額と期間に応じて、YouTube側で動画に広告を表示
  3. 広告が表示された動画の配信者にYouTubeが報酬を支払う

広告で宣伝効果を期待したい企業、広告料を得るYouTube、そして動画を投稿して収入を得たいユーチューバーの利害が一致して、このビジネスが成り立っているのです。

YouTubeって稼げるの?収入目安を算出

1広告再生の値段はチャンネル登録者数や再生数によって変動します。

明確に公表されていませんが、1広告再生につき0.1円〜0.3円の収入になると言われています。仮に1再生0.2円として、1本の動画で約1万回再生されると、

1万回×0.2円 = 約2,000円

という計算になります。

2,000円の収入って、ちょっと少なくないですか?

投稿数と再生回数を増やせば何倍にもなるよ。

動画をどんどん投稿し、人気を得て再生回数も増えていけば本業以上に稼ぎ出すことも可能です。投稿した動画は資産となるので、古い投稿動画でもヒットすればも継続して収入を得ることができます。

現在日本のトップユーチューバーと呼ばれるHIKAKINさんは、月に億単位で稼いでいるとも言われています。

お、お、
奥!?

億だよ。

もちろん人気を得るのは簡単ではありません。いくら努力しても動画が再生されなければ全く稼ぐことができないのが現実です。

しかし、一度チャンネル登録者数と再生数が増えれば、大きく稼げるのがYouTubeの特徴でもあります。

YouTubeは誰にでも稼げるものなの?

でもHIKAKINさんは専業ですよね?副業の自分達でもできるものなの?

それではYouTubeが誰でもできるものなのかどうか調べてみましょう。

副業でも週2〜3本ペースなら投稿可能

編集時間は作業者によって様々ですが、トップユーチューバーのHIKAKINさんは、過去のNHK番組で「7分の動画を編集するのに6時間」とコメントしています。

毎日の動画投稿はとても大変ですが、週2〜3本ペースであればサラリーマンでも十分に可能な副業と言えるでしょう。

時間・場所の自由度は比較的高い

撮影場所さえ確保出来れば、たとえ日本に居なくてもYouTube動画を投稿することが可能です。

編集作業もノートPCで外出先で可能ということもあり、時間や場所の自由度は比較的に高いと言えるでしょう。

動画編集やプロデュース力などスキルが必要

動画ソフトを使った動画編集スキルは必須です。また、投稿動画の再生数に大きく関わる企画発案力、どのような流れで動画をプロデュースするかを考える動画構成力なども必要となります。

需要のある動画を作らなければ、いくら頑張っても収入にはならないので、稼げているユーチューバーの動画を参考にして試行錯誤をしていきましょう。

スキルさえ持っていれば、仕事をしながらでも作業はできそうですね!

稼げるかどうかは別だけどねー。

YouTube副業を始めるためには?

YouTubeで副業を始めるにはどうしたら良いですか?

始めるために必要なものと費用についてお教えしましょう。

Googleアカウントを作成する

YouTubeに動画をアップロードさせるためには、YouTubeにGoogleアカウントでログインしなければなりません。

まだ持っていない方は、まずGoogleアカウントを作成しましょう。

ブランドアカウントを作成する

GoogleアカウントでYouTubeにログインしたら、次はブランドアカウントを作成します。これで動画をアップロードすることが可能になります。

ブランドアカウント名は動画のコンセプトに合った名前に設定して、文字通り自分のブランドチャンネルを作りましょう。

YouTubeパートナープログラムに参加する

ここまでで動画をアップロードできるようにはなりましたが、収益化するためにはYouTubeパートナープログラムに参加する必要があります。

参加するには前述のように「再生時間4,000時間以上、チャンネル登録者1,000人」の条件をクリアしなければなりません。クリアしたら、参加の申し込みをしましょう。

その後、AdSenseアカウントの申し込み、収益化の設定などを踏まえて審査。審査を通過すると晴れて、動画から収益が発生するようになります。

動画撮影に必要な機材を用意する

一番初めに準備するものとして、

  • ビデオカメラ
  • 動画編集用のパソコン
  • 動画編集ソフト

が必要となります。

ビデオカメラは安いもので2万円台から販売しています。まずは安価なものから使い、軌道に乗ったら新しい機器に買い換えるのが良いでしょう。

パソコンはもしMacbookを使っていれば、iMovieなどの無償でインストールされているソフトで動画編集が可能です。

機器にこだわらなければ10万円以内で十分に収めることもできます。

必要な費用

初期費用は前述した動画撮影・編集用の機材用意でおよそ10万円〜30万円がかかります。

継続費用としては、都度企画のネタ代が発生します。もちろん、ネタ次第では無料にもなりますし、数万円かかる場合もあります。大体、月1万円以上を見ておきましょう。

収益化できるようになるまでが大変そうだ。

結局収益化できずに諦める人も多いし、根気が必要かな。

会社にバレずに実施出来るか?

YouTubeは顔が出ちゃうから会社にバレやすそうですね。

そうだね。でも顔を出さない方法もあるよ。

YouTube動画は基本的には顔出しする場合が多いため、会社にバレる可能性は高いと言えます。

しかし、「サッカーダイジェストまとめチャンネル」や「ゲーム実況チャンネル」など、顔出ししない人気動画もたくさんあります。

そのため動画のネタによって会社にバレにくくすることは可能です。

まとめ

Youtubeの特徴について簡単に説明しましたが、この副業は「動画を作るのが好き」な人におすすめです。

理由としては、1本の動画再生時間に対して、動画編集時間が圧倒的に長いからです。

企画からしっかりと練り、動画公開までの過程を楽しめる方にはYoutubeの副業は合っているのではないでしょうか。




サイトマップ