クラウドソーシング

クラウドワークスの会社概要・口コミ・登録方法

クラウドワークスは実際どうなのか説明します

最近は給料が上がらない、メインの収入だけでは将来不安、といった理由でサラリーマンの方が副業をしたり、主婦の方が自分自身も稼いでいかないといけない、と考えて副業する人が増えてきました。その結果、発達してきたサービスが、クラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスとはつまり、WEB上でできる仕事を依頼したい人と受注したい人をつなぎ合わせるサービスであり、最大手のランサーズに次いで有名なサービスとして「クラウドワークス」があげられます。

ただ、クラウドワークスを利用したことがない方にとって「本当に稼げるのかどうかわからない」「本当にお金がもらえるのか不安だ」など、不明点も多いのではないでしょうか?今回はそんな不安をすべて解決するべく、実際の利用者の声をもとにメリット・デメリットを解説、さらには登録方法などもすべてまとめてみました。

クラウドワークスとは。クラウドワークスの会社概要

クラウドワークスとは、登録者数176万人、仕事数169万件、仕事カテゴリーが200以上を誇る日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

このクラウドワークスを運営するのは、株式会社クラウドワークスです。会社のコンセプトは「働くを通して人々に笑顔を」。2011年に創業されており、資本金は約17億円。2014年にはマザーズに上場しているなどの面から安定した経営が行われていることがわかります。

クラウドワークスのほかに、クラウドテックやワオミー(CtoC型で知識や経験を販売するサービス)なども運営しています。

クラウドワークスの口コミ・評判

クラウドワークスの評判

実際にクラウドワークスを使っているランサー様に口コミ・評判をを聞いてみました。「性別」「年齢」「職業」「評価(5段階)」「評価内容」の5つのについて答えていただいています。

実際にクラウドワークスを利用している人たちの生の声が聴けるので、今から始めてみたいけど実際どうなのか不安だという方はぜひ参考にしてみてください。

クラウドワークスの支払いが早いところがお気に入り

22歳 女性 会社員

22歳の会社員の女性です。副業でお金を稼ぎたくてクラウドソーシングのことを知ってから二大会社のクラウドワークスとランサーズの両方に登録しています。クラウドワークスの方がランサーズよりも使う頻度は断然高いです。

ライティングばかりやっていますが気に入っている点は支払いが早いことです。ほとんどの場合、2日以内に承認通知がきますから稼いでいる感覚があるのでもっと頑張ろうという気分になります。

それとクラウドワークスはクライアントをブロックする機能があるので、とんでもない価格をふっかけてくるようなクライアントは表示しないようにできるのは効率化には欠かせません。こういった便利な機能が色々あるので使い勝手で言えば、断然クラウドワークスが使いやすく利用者のことを考えてくれているようなので気に入っています。

ランサーズに比べてクラウドワークスの方がブロック機能など様々な機能がそろっています。クラウドワークスはランサーズよりも後発の企業なので、ランサーズにはない機能を多く搭載しているのでしょう。

これらの機能が使いやすさや、入金の速さ、承認の速さなどにつながっているのではないかと考えられます。

クラウドワークス支払いがスムーズで報酬も適正価格

45歳 女性 主婦

クラウドワークス歴は2年です。クラウドワークスは行なったタスクの支払いが非常にスムーズでほとんどのクライアントは数日中に承認支払いをしてくれるので非常に助かっています。なので2年もの間クラウドワークスを利用しています。

また仕事量も豊富で主婦にぴったりの内容の口コミなどのライティング案件が多いため、ほとんどライティングの仕事中心に行なっています。昼間に時間がある時にできるタスク案件が常にあるので時間つぶしに小遣い稼ぎができてとてもありがたいです。

また報酬に関しても半数以上の仕事は、適正価格なのでモチベーションも維持しやすいです。一時期は手数料が無料の時がありましたが、現在は手数料2割が引かれるようになりました。また以前のように手数料なしでやってほしいと願っています。

やはりこちらも同様、入金や承認スピードが非常に速いことをメリットに感じているようです。また、ライティング案件が多く、口コミなどの案件が多いのは主婦の方などにとってもとっつきやすい内容で稼ぎやすいのではないでしょうか。この手の報酬は基本的に雀の涙ような金額で発注されることが多いのですが、適正な価格の案件が多いという点も好感が持てますね。

クラウドワークスよりもランサーズの方が作業しやすい

42歳 男性 アルバイト

私は副業としてランサーズとクラウドワークスにてライティングをやっています。始めてから3年位になります。まず、両方のサービスとともに、作業報酬額が下落傾向にあります。その状況で双方を比較すると、ほぼ同じような金額で落ち着いている気がします。

仕事をしようと思った時には、私はまずランサーズから案件を探します。ランサーズの画面の方が見やすく仕事が探しやすいからです。クラウドワークスは、仕事の主題の他に作業の詳細が書いてあるので便利ではありますが、字が細かく見にくいという欠点があります。

ランサーズは作業時間が2時間であり、クラウドワークスは1時間ということも、ランサーズを選ぶ理由の1つです。また、ランサーズの方がサイトは軽いです。先に見つけた人が作業できるというシステムを考えると、クラウドワークスはページの移動が遅く致命的だと考えます。

クラウドワークスの方が良い面は、作業が完了した文章を、送ったあとも確認出来ることです。あってはならないことですが、読み返して間違いに気付いた場合、修正をクライアントに伝えやすいです。

この方はランサーズとクラウドワークスについて比較してくださりました。この2つのサービスはよく似ている為、比較されることが多いです。サーバーが重い、サイトが見づらい、など使い勝手の部分はどちらのサービスを選ぶかに大きく関わってくるところです。

クラウドワークスの登録方法

それではクラウドワークスへの登録方法についてです。クラウドワークスへの登録は無料で行うことができます。必要なのはインターネット環境とメールアドレスのみ。(フェイスブックアカウントなどでも登録可能。)

具体的な手順としては、以下の通りです。

  1. クラウドワークスの公式ページに飛ぶ
  2. 会員登録(無料)をクリック
  3. メールアドレスを送る
  4. 送られてきたメールのURLをクリック
  5. 個人情報入力

まずははじめに公式ページを開きます。右上に会員登録のオレンジのボタンがあるのでそこをクリックします。

クラウドワークス会員登録ボタンをクリック
すると次ような画面が出てきます。メールアドレスを入力するか、別のアカウント(フェイスブック、ヤフー、グーグル)のいずれかで登録しましょう。

クラウドワークスの会員登録画面

今回はメールアドレスで登録します。メールアドレスを入力してボタンを押すと、次のようなメールアドレスが来ます。本登録へのURLが張ってあるのでクリックして本登録ページへ行きます。

クラウドワークス本登録メール画面

あとは、個人情報を入力すれば登録完了です!

クラウドワークス個人情報入力画面

クラウドワークスの特徴、メリット・デメリット

最後にクラウドワークスの特徴、メリット、デメリットをまとめました。

メリット
  • 受注者側が使いやすいサービス
  • 案件数が多く、特にライティング案件が多い
  • 適正価格の案件が多い
デメリット
  • タスク作業の制限時間が1時間と短い
  • 機能が多くページが重い

クラウドワークスの最大の特徴は、受注者側が非常に使いやすいシステムが整っていることや、仕事が適正価格になりやすいという特徴があります。システムが整っている分ページが重く性能の良いパソコンでなければページが重くなってしまうなどのデメリットもあります。

今までクラウドワークスを使ったことが無いという方は、ぜひこちらのサービスも試してみてはいかがでしょうか。