サラリーマンの副業体験談

忙しいサラリーマンでも稼げるほったらかし副業。マイナー通貨取引で利息をもらうだけ

サラリーマン副業の王道はFX

日本の預金金利は超低金利で、例え銀行に500万円などまとまった金額を預けても、付く利息は雀の涙以下です。しかも、その利息はキャッシングカードを時間外に利用すればあっという間に消えてしまいます。

そこで、人気がある副業は、外国通貨を売買してその差益を狙うFXがサラリーマンにも人気があります。私は、40代の男性でサラリーマンとして働いていて、営業事務をしていますが、プライベートの時間はFX取引をしています。

FXを始めたのは、今から約2年前ですが、結論を言いますと毎月利益を得続けるのは難しく、損失を出してしまうことも多いので、どちらかというと副業では投機と捉えた方が良いかもしれません。

とにかく売買のタイミングは難しいですが、相場の転換点で上手く拾えれば、中期的なトレードでも利益を狙えます。やはり、成功するまでは一度や二度は大きな損失を受けることも多く、私も一回、今の月収分相当(24万円)大きく負けてしまいました。なので、今はどのようにした利益を得やすいのか、色々と試行錯誤している段階でもあります。

円安の波に乗り勝利

為替相場では、感謝祭以降のブラックマンデーが、年末にかけての相場に影響されるという説があります。私も、そのネタは前から知っていたので、昨年の年末にかけてドル買いをしたら、運よく相場に乗れ、初めて副業で月10万円以上の利益を得られた瞬間でもありました。

その時の気分はとても高揚していたのが、今でも記憶として残っていますね。何せ、普段の旅行代以上に相当する利益を得られたのが大きいです。その時は、空かさずいつも通っている露天風呂付きのサウナに行き、祝福の酒を味わいましたね。

為替は、中々利益を得るのは難しいですが、読みが当たった時は、他の副業とは違うアドレナリンが流れます。しかも、現在では為替は筆者の趣味の一つもなっていて、欠かせない存在ですね。

マイナー通貨で利息収入を狙う

高金利通貨で利息収入を狙う方法があります。この投資方法は為替が初めてという人にとっては、お勧めしません。なぜならば、対象とする通貨はアメリカドルなどのメジャーではなく、メキシコやトルコなどのマイナー通貨だからです。

マイナー通貨の魅力は、日本では考えられない8.0%という破格な政策金利がとても魅力的でありますが、その分だけあってリスクがとても高いです。しかも、それらの情報は国内のニュースでは、得る機会が余りありません。

ちなみに私も、3ヶ月ほど前から、マイナー通貨投資を始めましたが、保有した途端に暴落が発生し、一気に50万円以上の含み損になってしまいました。しかしながら、高金利通貨の魅力は、例えば1万通貨(日本円換算で29万円程度)を保有すれば、約3万円前後の利息が付きます。

もしここで底打ちし、円安方向に反転すれば、大きく利益を得られる可能性が高いのも魅力であります。 私の含み損も、スワップポイントの積み重ねにより、それが少しずつ解消されているので、あとは時間と辛抱の戦いですね。