副業探索!ほくほく党

サラリーマンに適した副業選びとは?おすすめ11種類を紹介

サラリーマンで会社勤めのかたわら副業に勤しむ方は年々増加しています。本業の給料だけでは足りない、老後の生活のため、脱サラするため、など副業を始める動機は様々。

しかしサラリーマンは労働時間が長く、がっつり副業に時間を費やすのは体力的にも難しいでしょうし、本業に影響が出ては元も子もありません。

一体、どうすればいいんだ…。

そこで今回は時間的制約が大きいサラリーマンの方へ、

  • どんな副業がサラリーマンに合うのか?
  • サラリーマンに合う副業の種類と特徴

について紹介していきます。

サラリーマンが副業選びで重視するポイントを調査

それでは、「サラリーマンに合う副業」とはどのような仕事なのでしょうか?

今回は副業をするサラリーマン100人に対して、「副業選びの際に重視するポイントは何か?」というアンケートを実施しました。

アンケートの結果は以下の通り。

重視するポイント1位は「時間の制約がないこと」となりました。

会社で長時間労働を強いられるサラリーマンは、勤務外の空いた時間で副業をこなさなければなりません。そのため、このようなニーズが高い傾向にあることがわかります。

これ分かります!納得の1位っす!

君は勤務中でも副業してるじゃない。

ただし、同じようなアンケートを主婦に取った際にもこのポイントは同じく1位でした。

サラリーマンと主婦ではっきりと違いが出たのは「スキルを活かせること・磨けること」という点にあります。

スキルですか。自分は稼げれば何でもいいですけどね。

アンケートの信憑性がなくなるから、頼むから黙ってて。

サラリーマンの副業で求められているのは副業で学んだことが本業で使えること、副収入を得るだけでなく副業をスキルアップの場として考えている傾向にあります。

そして将来の独立を見据えたスキルアップを目的に副業を実施する方もいるようです。これは「将来独立につながる仕事」と回答した人が5%いたことからも読み取ることができます。

では「時間の制約が少ない」「スキルアップを目指せる」副業を選んでいきましょう。

サラリーマンに適した副業の種類

時間や場所の制約がないという条件を中心とした副業を11個、その中で一部スキルアップが期待できるものも盛り込んで紹介していきます。

サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトは、自分の作成したウェブサイト上に商品の広告を貼り付け、その広告のアクセスから商品が売れた場合に売り上げの数%を報酬として受け取れる副業のことです。

ブログの場合はファンを飽きさせないために高頻度で更新しなければなりませんが、サイトの場合はGoogleなどの検索エンジンからの検索キーワードからアクセスを集めるため、一度作ってしまえば月に2回程度の更新でも収入を得ることができます。

成果が出始めるまでは6カ月〜1年ほどの期間を要するデメリットがあり、当面は月5万円程度が目標になりますが、アフィリエイトで月収100万円を稼ぐ人も少なくありません。なにより初期費用なしからでも始められるので、だれでも挑戦することができます。

スキルアップ要素

サイトアフィリエイトで稼ぐためには閲覧者の役に立つ記事を書き続ける必要があります。閲覧者にわかりやすい記事にするにはどのような言葉で、どのような構成で書けば良いか、閲覧者の興味を引くにはどのように伝えれば良いかなどを常々考えることになります。

これらのスキルは商品のカタログ作り、社内外へのプレゼンの仕方、新人への教育方法など様々な場面で活かせるため、どのような職種にも当てはまるのではないでしょうか。

また、ウェブサイト運営ができれば集客を比較的容易にできるようになるため、独立を考えている場合にも非常に有益であると言えます。

メリット
  • 一度サイトを作ってしまえば記事を更新しなくとも収益が上がる
  • 初期費用なしからでも始められる
  • パソコンとネット環境があればどこでもいつでも作業ができる
  • 月収100万円を超える人も少なくない
  • わかりやすい伝え方、興味を引く見せ方などのスキルアップに役立つ
デメリット
  • 成果が出るまで6カ月〜1年程度と時間がかかる
  • ウェブサイト運用に関する知識が必要
  • 成果発生から入金まで2カ月かかる

転売ビジネス

転売とは、商品を安く仕入れてきて、仕入値段よりも高く売却することで販売益を得る副業方法です。本やアパレル、家電製品やPCなど、市場に出回っているものであればなんでも転売することができます。

転売には、ヤマダ電機やドン・キホーテなどの店舗から仕入れる「実店舗仕入れ転売」、ヤフオクやメルカリなどネット上から仕入れる「ネット仕入れ転売」があります。ネット仕入れ転売であれば店舗の営業時間を気にする必要がないので、いつでも仕入れ作業することが可能です。

販売先はAmazonやヤフオク、メルカリなどがありますが、世界一の集客力を持つAmazonでの販売がオススメです。転売は販売、発送の手間が発生しますがAmazonのFBAというサービスを利用すればその手間も省くことも可能です。

スキルアップ要素

転売は物を仕入れて販売するという基本的なビジネスの流れを体験することができます。会社で行う場合とは違い、自分のお金で仕入れ、販売まで行うようになると、「どのぐらい仕入れればよいか」「今ニーズの高い商品は何か」「売れ残らないようにするための施策はなにか」など様々なことを考えるようになります。

商売のセンスを磨くという面では役立つこと間違いありません。

メリット
  • ネット上で仕入れ、販売が完結する
  • 初心者でも成果が出やすい
  • 即金性が高い
デメリット
  • 在庫を抱えてしまうリスクがある
  • 出品・発送の手間がある
  • ライバルが多い

記事作成

記事作成とは、ウェブサイト運営のための記事を作成し納品する仕事です。いわゆるライターと呼ばれるお仕事です。仕事はランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスを通して仕事を探すことができます。

口コミや体験談など簡単なものであれば特別に文章力が高くなくとも稼ぐことができます。ただしこのようなものは単価が高くありません。3,000文字を3,000円〜5,000円など1文字1円以上の仕事をとるにはある程度の文章力、依頼者の意図を把握する、専門的な内容に対応できる能力などが必要になってきます。

スキルアップ要素

記事作成を行っていると高い文章力が身につくほか、相手の意図を汲んだり考える力、自分の詳しくない内容を調べてまとめられる力など、社会人として基本的な能力を高めることができます。

また、SEO対策(Google検索時に記事が上の方に表示されるようにする対策)の知識も自然と身につくようになります。会社にてメディア運営事業を行う予定がある場合や、実際に自分でメディアを立ち上げる際には強力な武器になります。

メリット
  • 特に専門知識がなくても始められる
  • 即金性が高い
  • 文章力が身につく
  • SEO対策の知識が身につく
デメリット
  • 単価の高い仕事は他の人と競合になる
  • 依頼者とのコミュニケーションが必要

株式投資

株式投資は、株価が安い時に購入し高い時に売却することで利益を上げるキャピタルゲイン方式配当金で利益を得る方法があります。キャピタルゲイン方式の中でも大きく次の3つの投資方法に分けることができます。

  • デイトレード(一日に何度も取引を行う)
  • スイングトレード(数日に一回取引を行う)
  • 中長期投資(数か月~数年単位で取引を行う)

基本的にサラリーマンの勤務時間は、株式の取引時間と重なってしまうことがほとんどですので、株式投資を行う場合は中長期投資で運用することになるでしょう。

短い作業時間で大きな収益を上げることができる点が魅力的ですが、まとまった元手資金が必要である点や、投資に失敗すると損失が出る点がデメリットとなります。

スキルアップ要素

投資を行うにあたって会社の業績について確認するようになるため、財務諸表が確認できるようになったり、様々な会社のビジネスモデル、事業内容に詳しくなります。これらの知識は実際に独立する際にも役立てることができるでしょう。

メリット
  • 売買の差益以外にも配当金を得ることができる
  • 会社やその業界についての知識が身につく
  • 税金が安い
  • 源泉徴収ありの特定口座を利用すれば確定申告の手間を省くことができる
デメリット
  • 取引時間がサラリーマンの勤務時間と被る
  • 損失を出す可能性がある

FX(為替)

FXは法定通貨を売買することで利益を上げる方法です。通貨が安い時に買い、高い時に売る、もしくは高い時に売りから入り、安い時に買うことで利益を得ることができます。

FXと株式投資が違う点としては、最大25倍までのレバレッジをかけられることが挙げられます。例えば、資金が1万円しかなくても25万円分の取引ができるようになるのです。そのため少ない資金でも大きな利益をあげることも可能になります。

また、取引が平日24時間いつでも可能であるため、サラリーマンでも勤務時間を外してデイトレードなど短期的な取引を行うことができます。

短い作業時間で大きな利益を上げられる点が魅力的ですが、その逆で大きな損失を被る場合もあります。利益を上げている人は全体の5%以下とも言われており難易度の高い投資方法です。

スキルアップ要素

為替の値動きは海外の政策や要人発言などが大きく影響するため、大きな利益を狙ったりリスクを回避するためにこのようなニュースに目を向けるようになります。

そのため海外の情勢や政策、他国との関係性などに自然と詳しくなってきます。海外進出する企業は年々増えていますので、海外の状況については把握しておいて損はないでしょう。

メリット
  • 売りからでも取引ができるため、価格が下がる場面でも利益を狙える
  • レバレッジ25倍までかけられる
  • 平日の24時間取引可能
  • 税金が安い
デメリット
  • 難易度が高い
  • 損失出す可能性がある

仮想通貨

仮想通貨投資も株式、FX同様に、仮想通貨を安い時に買い、高い時に売ることで利益を上げる方法です。

仮想通貨は平日休日に関わらず、365日24時間取引することができます。そのため、サラリーマンの勤務時間によって取引を制限されることがありません。

仮想通貨はまだまだ成長過程にある市場であり、値段形成が定まっておらず値動きが激しい傾向にあります。そのため、レバレッジをかけずとも少額資金で大きく利益を上げることが可能です。

ただし、まだ安定しない通貨が多い分、ある日突然価値がゼロになってしまう可能性も大いにあり得ます。将来性があって信頼できる通貨はどれか、見定めて取引をする必要があります。

メリット
  • 成長過程にある市場のため将来性がある
  • 値動きが大きく少額資金でも大きな利益が狙える
  • 365日24時間いつでも取引ができる
デメリット
  • 詐欺まがいの通貨も存在し、突然価値がゼロになる可能性もある
  • まだセキュリティが万全ではない取引所が多く、ハッキングなどの被害で資金を失う可能性がある
  • 税金が株式投資やFXに対して高い

クラウドマイニング

仮想通貨では売買差益で稼ぐ以外にもマイニングで稼ぐ方法があります。マイニングとは、仮想通貨の決済代行を自前のパソコンで行う代わりに、その報酬として仮想通貨を受け取る仕組みのことです。ただし日本ではパソコンの電気代が高くて稼ぎづらい傾向にあります。

それに対してクラウドマイニングとは、マイニングを行っている企業に出資をする代わりに、配当をもらう仕組みです。企業は自家発電の設備を持っていたり、電気代の安い国にマイニング工場を建てて稼ぎやすくする工夫をしています。そのような企業にあやかって稼ぐことができるのです。

成長過程にある仮想通貨関係のビジネスとあって、他の金融商品に比べて利率は高いものが多く、中には月利8%を掲げるものまで存在します。しかも、出資をするだけでその後はなにもすることがないので時間がない人でも問題ありません。

ただし、出資金は掛け捨てであることがほとんどです。収入が出資額を超える前に企業が倒産してしまったり、出資金を持ち逃げされてしまったり、サービスを終了してしまった場合は損失となってしまいます。そのため、信頼できる企業のサービスを選ぶことが大切です。

メリット
  • 出資するだけで報酬が得られる
  • 他の金融商品と比べ利率が圧倒的に高い
デメリット
  • 出資金が掛け捨てであること
  • 信頼度の低い企業に出資すると倒産や持ち逃げのリスクがある

NISA

NISAとは、NISA預金通帳から行った(一定額分までの)投資で出た利益は非課税になるという仕組みのことを指します。上場株式の他、投資信託など様々な銘柄を購入することができます。

もちろん資金が減ってしまう可能性はありますが、年間の投資枠が120万円までと決まっており低リスクで運用することができます。

メリット
  • 利益に対して税金がかからない
デメリット
  • 投資枠が決まっているため大きな利益は期待できない

不動産投資

不動産投資はマンション、一軒家、駐車場などの資産を購入し、貸し出しする事で家賃収入を得て利益を出す副業方法です。

資産の購入に数百万円の資金が必要となりますが、サラリーマンは銀行の信用が高いため、購入資金の借り入れをしやすいです。その点ではサラリーマンに合った副業とも言えます。

購入してしまえば不労所得を毎月安定して得ることができます。しかし土地選びを誤ってしまった場合、空室となってしまい収入を得られなってしまうリスクもありますので、購入時はよく検討しましょう。

メリット
  • 毎月安定した収入を得られる
  • 資産を購入すれば不労所得となる
デメリット
  • 資産を購入するために数百万円の資金が必要
  • 土地選びを失敗すると空室になり収益が上がらなくなるリスクがある

売電

太陽光パネルを設置して、発電した電力を電力会社に買い取ってもらい収入を得る事を売電と言います。自宅に設置して余剰電力を売る「余剰買取」と、田舎の土地を買収して大量の太陽光パネルを設置する「全量買取」といった方法が存在します。

最近では売電の価格も年々下降しているため稼ぎにならないと考えるかもしれませんが、実は利回りはあまり変わっていません。それは導入コストも年々低下しているためです。逆に導入コストが下がっている今が参入のチャンスとも考えられます。

設置後はなにもすることがなく時間的な制約なしに収入を得られます。その上、サラリーマンは銀行から融資を得やすいので、太陽光パネルの設置資金も調達しやすいです。そのため売電はサラリーマンに合ったビジネスだと言えます。

メリット
  • 不労所得を得られる
  • 安定した収入が期待できる
デメリット
  • 導入に数百万円~数千万円の資金が必要

自販機ビジネス

自身が保有している土地の一角に自動販売機を設置することで、その自動販売機の収益の一部を得ることができるビジネスモデルです。

何もしなくても収入を得られるのが魅力的です。しかし、電気代は自身で払わなければならないため、それ以上の売上が見込めない場所での設置はしないほうが良いでしょう。

メリット
  • 土地の一角を貸すだけでなにもせずとも収入を得られる
デメリット
  • 電気代は自身で払うため売上が見込めない場所では損失となる可能性がある

まとめ

今回はサラリーマンの方に向けて、時間や場所に制約がなく本業に支障をきたさない、スキルを磨くことができる副業について紹介しました。

専門知識がなくとも始められるもの、元手資金が必要なもの、不要なもの、不労所得を得られるものなど様々な副業がありました。

本業が忙しいからといって副業をあきらめずに、自分のライフスタイルに合っているもの、自分の取り組めそうなものを探して挑戦してみてはいかがでしょうか。




サイトマップ