副業探索!ほくほく党

誰でも簡単に・居眠りしながら稼げる?「民泊清掃」のアルバイト

誰にでもできるって本当?「民泊清掃」のバイトの仕事内容とは?

39才のシングルマザーです。別居中から離婚前後までいくつかのバイトを経験しましたが、いちばん給料がよく、しかも楽だったのは民泊清掃でした。

募集に「誰にでもできる」「仕事に慣れたらかけもちでさらに稼げる」とあり半信半疑で応募し即採用、(本当に私にもできるかな?怪しくないかな?)と不安を抱きつつ試しに1現場体験したら、あまりにも楽すぎてハマッてしまい一時はメインのバイトにしてしまったほどです。

仕事の内容は、

  1. 民泊マンション近くのリネン室に出勤、シーツ、タオル、備品などを大きなビニールバッグに詰めて移動、入室
  2. リビング、キッチン、ベッドルーム、浴室、トイレなどすべての箇所をスマホで撮影しラインで報告(いわゆるBefore)
  3. 備え付けの用具を使用して各室を清掃(掃除機がけ、モップ吹き、ほこりとり、濡れたところはからぶき)
  4. シーツ交換
  5. ゴミ回収、備品補充
  6. 完了したら撮影してラインで報告(After)、OKがでたら終了

という流れでした。

いねむりしながらゆるく稼ぐもよし、数をこなしてガンガン稼ぐもよし

流れをみて分かるとおり、特別な技術も用具も不要。家の掃除とほぼ同じ作業ですから掃除が苦手もしくは嫌いな人以外誰にでもできます。

私はボックスシーツしか使ったことがなかったため、業務用のシーツを広げつつしわにならないように注意しつつ四隅をきれいに折り込むという作業に慣れるのだけ時間がかかりました。でも、ひとりで清掃を行うようになって教えられた方法ではなく自分流のやりやすい方法でベッドメイクするようになったら格段に早くなりました。

その他の箇所の清掃方法も自分流をこっそり取り入れたら(方法だけでなく、家で使い慣れた用具や便利グッズをこっそり持ちこみ 笑)スピードも早くなり、最初はまるまる1時間半かかっていたのが、どんなに散らかっていても1時間弱で終わるようになり、残りの時間は床にごろんと横になってテレビを観たりうたたねをしたりしていました。

体力と時間に的に余裕があるときは報告を上げ次第別物件に移動し、2部屋3部屋こなしたりしてかなり稼ぐことができました。

楽して6万2,000円ゲット!そんな民泊清掃バイト探しのコツ

ちなみにお給料は1現場2,000円でした。1時間弱で終わるとしても時給2,000円、どれだけ時間がかかったとしても1時間半で終わるので金額的に割りがいいだけでなく、ひとりでできるので服装も気も遣いません。

とにかく楽なのが10年間専業主婦でブランクありまくりだった私には、「こんなに楽でこんなに稼げていいの?」と申し訳なくなるくらい最高なバイトでした。

ちなみに、いちばん稼いだ月で6万2,000円!…と聞くと、「やってみたい」と思われる人も多いでしょうが、民泊は急増はしているものの、まだグレーゾーンな商売なので求人サイトなどにほとんど掲載されていなかったりします。

私は不用品を譲り合ったりメンバーなどを募集したりする掲示板サイトのアルバイトコーナーをたまたま覗いて見つけました。「ルーム清掃」「ハウスクリーニング」などとあえてぼかして募集していることも多いので、いろんなサイトで根気よく探すのがおすすめです。




サイトマップ