副業探索!ほくほく党

入社3年目で昇給無し宣言され転職を決意、新しい職場ではたった3ヶ月で昇給

3年目に入る更新時に、給与が上がらないと宣言されました

前に勤務していた会社は、IT関連会社だったのですが丸2年1度も給与が上がりませんでした。疑問を感じたのは、派遣で勤務している人たちの方が時給換算ではありますが300円近く上の給与をもらっていたことでした。

さすがにこれで会社への魅力は半減。やりがいのある仕事でしたが、しっかり対価が払われていないことに気づき転職を決めました。役職についていたこともあり、まずはそれを降ろしてもらうことから始めました。

が、なにせ離職者が多かったのでなかなかそれもかなわず、役職を降りるまでにも数か月かかりました。退社前に役職を降りたかった理由は、周りに迷惑をかけてしまうからです。だから一般職に戻ってから辞めたいと考えていました。

でも、転職目的であることは一切周りに伝えることはしませんでした。面倒なことになりそうだったので、転職は周りに伝えることなく頑張りました。

役職を降りてから引き留めがスタート

さすがに役職を降りたいという時点で何か感じるものがあったのか、引き留められるようになりました。契約更新時に給与改定がないことを教えられていたので、すでに気持ちは退社の方向で固まっていたためずっとNOと伝えていましたが、最終的に上層部の人は私の足元を見るような発言をするようになりました。

実家暮らしで両親の面倒をみていること、子供がまだこれから進学する予定があること、生活の安定は?とか、次の仕事はすぐに見つかるのかなど、年齢的に若くないためそういう点を突っ込んでくるようになりました。

これにも幻滅しました。安定した収入が欲しいために転職を考えているのに、このセリフは引き留めるには逆効果だったと今でも思っています。

転職先はあっという間に決まった

IT関連企業から、まったく今まで飛び込んだことのない業種へ移りましたが、新しい職場はあっという間に見つかりました。求職してから1週間で内定を頂きました。会社については散々離職日を引き延ばされ、新しい会社の入社日前日が離職日になる始末です。

本当に大変な目に遭いましたが、辞めてよかったです。新しい会社に入り3か月になりますが、すでに給料が上がりました。春にまた上がると通達されました。仕事を変えることに悩んでいる方がいたら、どこかに必ずいい仕事はあって出会いは目の前にあるかもしれないということを頭において欲しいと思います。

加えて、年齢がどうこうということもないと今回の転職で感じました。自分としても、本当なら前の職場で転職は最後にしようと思っていたので、まさかの転職だったのです。でも、さすがに入社3年で給与据え置きは耐えられませんでした。スピーディーに給与を見直してくれる職場もあることがわかったので、いい経験だったと思うことにしています。




サイトマップ