脱サラ・転職の体験談

友人とサイト制作会社立ち上げ!スキルと人脈を活かし低リスクで脱サラできた

友人の立ち上げたサイト制作会社に誘われて脱サラをした

私はずっと営業の仕事をしていたのですが、38歳のときに脱サラをしてサイト制作会社を立ち上げました。なぜ脱サラをしたかというと、友人にいっしょにサイト制作会社を経営しようと誘われたからです。

私は会社を経営をするのが初めてだったのですが、以前より多く稼ぐことができているので満足しています。営業の仕事は好きだったのですが、趣味でサイト制作をずっとしていたのでいつかはサイト制作の仕事をしてみたいと思っていました。

ただ今までと全然違う仕事へ脱サラをすることに不安を感じていたので、すぐに脱サラをする気持ちになれませんでした。私は結婚したばかりだったので安定している仕事をした方がいいという思いもありました。しかし、サイト制作の仕事をずっとしていた友人に誘われたので失敗するリスクが少ないと思い脱サラしました。

忙しいときもあるが、やりがいを感じて仕事をできている

友人が誘ってくれなかったら、なかなか脱サラをするきっかけを持つことができなかったと思います。私が脱サラしたサイト制作会社は少人数の会社ですが、スキルの高いデザイナーが何人もいるのでクオリティの高いサイト制作をできています。

私は会社の経営とサイト制作をしないといけないので大変ですが、非常にやりがいを感じて仕事をしています。サイト制作には高いスキルが必要ですが、私はセミナーに通ったり専門の本をたくさん読んでスキルを磨いていたので、サイト制作の仕事をすることに不安はなかったです。

仕事が忙しい時には週末でも休まずにサイト制作をしないといけないので、しんどいときがあります。ただ、ずっとしてみたかったサイト制作の仕事を出来ていることに満足感を感じています。

サイト制作はパソコンさえあればすぐに始めることができる

私が脱サラをして最初に悩んだのが、何度もサイト制作の仕事を依頼してくれるクライアント探しです。安定した収入を確保するためには、信頼できるクライアントを確保する事が大切です。

私は営業の仕事をしていた時に人脈作りをしていたので、知り合いにクライアントを紹介してもらうことができました。何とか自分でも経営していけるという自信を持つことができたので、もっとデザイナーの数を増やして多くの案件を請け負いたいと考えています。

サイト制作はパソコンさえあればすぐに始めることができるので、個人でスキルを上げることができやすいと思います。そのため将来脱サラをしたい人にサイト制作のスキルを上げることをおすすめできます。友人といっしょに脱サラをしたことで、かなり低いリスクでサイト制作会社へ脱サラをできて満足しました。