アフィリエイト

レンタルサーバーを契約しよう!サイトを作る環境を整える【その2】

サーバーのイメージ
ユリナ
ユリナ
シンジさん、独自ドメインは取得できました。次はサーバーですね。
シンジ
シンジ
そう。ドメインがウェブサイトの「住所」と言ったけど、サーバーはウェブサイトをインターネット上に設置する「土地」のような役割なんだ。
ユリナ
ユリナ
なるほど、ではレンタルサーバーはその土地を借りるイメージなんですね。
シンジ
シンジ
その通り!
ユリナ
ユリナ
でも住所が決まってから土地を借りるなんて、なんか順番が逆な気がするんですが…。
シンジ
シンジ
…まぁ、細かいことは気にしないでレンタルサーバーを一緒に契約していきましょう!
ユリナ
ユリナ
うーん…。(釈然としない…)

レンタルサーバーはどこがいい?エックスサーバーが速さ・安定性で〇

高速通信のイメージ

ウェブサイトを独自ドメインでインターネット上に公開するためには、レンタルサーバーとの契約が必要です。レンタルサーバー会社にはエックスサーバーロリポップさくらのレンタルサーバーなどがあります。

では、どの会社のサービスを選べば良いのでしょうか?レンタルサーバーを選ぶ際に考慮すべき点は次の5点です。

  • 価格
  • 表示速度
  • 安定性
  • 信頼性
  • WordPressが使えるかどうか
シンジ
シンジ
ユリナさんはどれを重要視しますか?
ユリナ
ユリナ
もちろん価格です!1円でも妥協しませんよ!
シンジ
シンジ
主婦の鏡だね。でもアフィリエイトでより収益を上げるためには、安ければ良いというものでもないよ。

それでは上記に挙げたエックスサーバー、ロリポップ、さくらのレンタルサーバーの3社について価格をそれぞれ比較してみます。それぞれの個人向けのプランにて比較しました。

レンタルサーバー会社 プラン名 月額料金(税込) 初期費用(税込)
エックスサーバー X10 972円 3,240円
X20 1,944円 3,240円
X30 3,888円 3,240円
ロリポップ エコノミー 108円 1,620円
ライト 270円 1,620円
スタンダード 540円 1,620円
さくらのレンタルサーバ ライト 129円 1,029円
スタンダード 515円 1,029円
プレミアム 1,543円 1,029円

※月額料金は契約期間によって変動する場合があります。

ユリナ
ユリナ
ロリポップの最安は月額108円!エックスサーバーと比べてたった9分の1なんて!ロリポップで決まりね!
シンジ
シンジ
はい、ちょっと待って。実は当サイトではその9倍も高いエックスサーバーで契約してるんだよ。
ユリナ
ユリナ
え?なんでですか?これだけの差があるのに…。
シンジ
シンジ
価格以外の4つのポイントを考えれば費用対効果が抜群なのさ。一つ一つ見ていきましょう。

表示速度

インターネットを見ている時なかなかページが表示されず、もどかしい気持ちになるなんてことはありませんか?

あれは実はサーバーの性能が大きく関わっているのです。エックスサーバーであればページがサクサクと表示される快適なネット環境になります。

ユリナ
ユリナ
たしかに急いでる時に待たされるとイライラしちゃう。あまりに遅いと他のサイトを探すときもあるわ。

また、ページの表示速度が遅いとGoogleの評価が下がってしまいます。Googleの検索順位を上げてアクセス数を増やすためにも表示速度は早くしておいたほうが良いのです。

安定性

レンタルサーバー会社の安定性に関する謳い文句で、「稼働率99.99%」と表記していることが多いです。障害やトラブルなどでサーバーが止まってしまうことなく稼働している状態が99.99%ということです。

今回の3社を見てみると、エックスサーバーとさくらのレンタルサーバーは99.99%以上、ロリポップは99.99%と表記されています。

ユリナ
ユリナ
どこも99.99%なら安定性は判断基準にはならないですね。
シンジ
シンジ
いやいや、一概にそうとも限らないんだよ。

ウェブサイトに大量のアクセスが集中すると、脆弱なサーバーだと表示速度が格段に遅くなってしまいます。遅くなったところで稼働はしているので稼働率には影響ないのです。さらにアクセスが集中すると503エラーでサイトが見れなくなってしまうこともあります。

エックスサーバーは大量アクセスに強い負荷耐性を備えており、アクセス集中時も早くて快適なネット環境を実現できます。稼働率が高いことはもちろんですが、エックスサーバーはアクセスが集中しても表示速度の速い安定性を備えているのです。

信頼性

ウェブサイトを運営していく中で、誤ってデータを消してしまったり、サーバー攻撃を受けてウェブサイトの内容を改ざんされてしまったりといったトラブルの可能性は0ではありません。

エックスサーバーではウェブデータとデータベースを毎日自動でバックアップをとり一定期間保存しています。しかも全プラン標準搭載のサービスなので無料です。

自動バックアップサービスはさくらのレンタルサーバーにはなく、ロリポップは月額300円のオプション対応です。

ウェブサイトを長期間運営していく上で、万が一の備えとして自動バックアップ機能は設けておきたいところです。

WordPressが使えるかどうか

ウェブサイトを作るのに必要なウェブサイト作成ツール。WordPressは多くの運営者が利用しているウェブサイト作成ツールですが、WordPressが使えるサーバーと使えないサーバーが存在します。

WordPressではMySQLというデータベース・ソフトウェアを利用しているため、MySQLが利用できるサーバーを選ぶ必要があります。

ユリナ
ユリナ
MySQL?なんか聞いたことない単語が出てきて混乱してきました。
シンジ
シンジ
実は僕も深くは分かってないから大丈夫。重要なのはWordPressが使えるかどうかってこと。

エックスサーバーは全プランでWordPressが使用可能ですが、他の2社は最安プランでは使用することができません。

また、エックスサーバーでは簡単にWordPressをインストールできるようになっているので準備がとても楽です。

ユリナ
ユリナ
なるほど…これだけ性能面に差が出るんですね。価格だけで判断するのは早計だったと認識しました。
シンジ
シンジ
エックスサーバーは一見高いように感じるけど、ここまで高性能のサーバーではむしろコスパは〇。アフィリエイトにはもってこいだね。

エックスサーバーのどのプランを選ぶべき?

ユリナ
ユリナ
エックスサーバーにするとして、プランがいろいろあるけどどれにすれば良いですか?
シンジ
シンジ
これから始めるならまずは最安プランのX10で十分だよ。

エックスサーバーのプランにはX10、X20、X30とありますが、それぞれの料金と性能面で異なる部分のみ抜粋しました。

プラン名 月額料金(税込) 初期費用(税込) ディスク容量 MySQL数量
X10 972円 3,240円 200GB 50個
X20 1,944円 3,240円 300GB 70個
X30 3,888円 3,240円 400GB 70個

性能面でプランごとに異なるのがディスク容量MySQL数量の2点です。

ディスク容量とはテキストデータや画像データなどウェブサイトに必要なデータを保存できる容量のことです。個人運営のウェブサイトであれば10GB程度あれば十分です。エックスサーバーは最安プランのX10でも200GBなのでまず問題ないでしょう。

MySQL数量についてですが、基本的に1サイト作るのにMySQLも1個必要だと考えてください。つまり、最安プランのX10でも50個もサイトが作れるということです。

このように、複数のウェブサイト運用を考えてたとしても個人で始めるのであればX10で十分すぎるくらいのスペックです。また、表示速度や安定性についてはプランによる差はありません。

シンジ
シンジ
もしサイト数が相当数増えて容量に余裕がなくなってくるようならアップグレードを検討してみましょう。

エックスサーバーとの契約手順

まずエックスサーバーのサイトにアクセスします。トップページの「お申込み」にカーソルを合わせ、「お申し込みフォーム」をクリックします。

エックスサーバーのお申し込みフォームをクリック

初めての場合、エックスサーバーのIDを持っていない状態ですので「新規お申込み」をクリックします。

新規お申し込みをクリック

次に契約内容と会員情報を入力していきます。まずは契約内容から。サーバーIDは独自ドメインとは違いURLアドレスとは関係ありませんので何を書いても大丈夫です。プランはX10にチェックを入れましょう。

サーバーIDを入力してプランX10にチェック

続いて会員情報です。メールアドレス、氏名、住所、電話番号など個人情報を入力しましょう。

個人情報を入力

入力が完了したら最下部へスクロールし、利用規約にチェックを入れて「お申し込み内容の確認」をクリックします。

お申し込み内容の確認をクリック

入力内容の確認画面になります。入力内容に間違いがないか確認し、「お申し込みをする」をクリックします。

内容確認してお申し込みをするをクリック

すると登録したメールアドレス宛にメールが届きます。そのメールにログイン用のパスワードの記載があります。これで申し込みは完了となります。

エックスサーバーと独自ドメインを紐づけする(サーバー側のドメイン設定)

次に前回取得した独自ドメインとエックスサーバーを紐づけする作業を行います。まずインフォパネルにログインをします。エックスサーバーのトップページに戻り「ログイン」にカーソルを合わせ「インフォパネル」をクリックします。

エックスサーバーのトップページからインフォパネルをクリック

ログイン画面となるので登録したメールアドレスと、先ほど届いたメールに記載しているパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

メアドとパスワードを入力してログインをクリック

インフォパネルにログインしたら「契約情報」をクリックします。

契約情報をクリック

契約したサーバーの「サーバーパネル」に「ログイン」してください。

サーバーパネルのログインをクリック

サーバーパネルにログインしたら、左下の「設定対象ドメイン」を契約したサーバーを選んで「設定する」をクリックします。

設定対象ドメインの設定するをクリック

「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定をクリック

「ドメイン設定の追加」のタブをクリックします。

ドメイン設定の追加をクリック

するとドメイン設定画面になりますので、ムームードメインで取得した独自ドメインを入力し「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

独自ドメインを入力しドメイン設定の追加(確認)をクリック

入力内容に間違いがない確認し、「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします。

ドメイン設定の追加(確定)をクリック

これでサーバー側のドメイン設定は完了です。

ドメイン設定完了画面

エックスサーバーと独自ドメインを紐づけする(ドメイン側のサーバー設定)

次にムームードメイン側にエックスサーバーの情報を設定します。ムームードメインにログインし、「コントロールパネル」をクリックします。

ムームードメインのコントロールパネルをクリック

コントロールパネルに入ったら設定したドメインをクリックします。

ドメインをクリック

次の画面の真ん中あたりまでスクロールすると「ネームサーバ設定変更」とあります。こちらの「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリックします。

ネームサーバ設定変更をクリック

下の方にスクロールし「取得したドメインで使用する」にチェックを入れます。

取得したドメインで使用するにチェック

するとネームサーバ1~6の入力窓が出てきます。ここにエックスサーバーの情報を入力していきます。

ネームサーバ設定画面

エックスサーバーのサイトに戻り、サーバーパネルの「サーバー情報」をクリックします。

エックスサーバー のサーバー情報をクリック

下にスクロールするとネームサーバ1~5の記載があります。この内容を先ほどのムームードメインの画面に入力することになります。

ネームサーバ1〜5

ムームードメインの画面に戻りエックスサーバーの情報(ネームサーバ1~5)を入力し、「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

ムームードメインでネームサーバ1〜5を入力、ネームサーバ設定変更をクリック

これでサーバーとドメインの紐づけ作業は終わりです。すぐには反映されず紐づけされるまで数十分はかかりますので、しばらく放置しましょう。取得した独自ドメインのURLにアクセスしたとき、以下のような画面が表示されれば紐づけ完了です。

サーバーとドメインの紐付け完了画面

まとめ

今回は主にアフィリエイトをこれから始める方を対象にレンタルサーバーの契約手順をご紹介しました。記事中ではエックスサーバーを基準とした紹介をしてまいりましたが、簡単なブログであったりそこまでの性能を要求しない場合は、安いレンタルサーバーでも十分です。

しかし、エックスサーバーは他のレンタルサーバーに比べて割高ですが、高速、安定性、信頼性で優れていますし、また快適ネット環境は検索エンジンの評価も上がりやすくアフィリエイトには優位に働きます。

自分の目的にはどのレンタルサーバーが最適なのか、用途に合ったレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。次回はいよいよウェブサイト作成ツールのWordPressの特徴とインストール方法を紹介します。