副業の選び方

目標収入金額に合った副業選び|お小遣い編(月1万円以下)

お小遣いが毎月1万円でも増えれば…と考えたことはありませんか?1万円あればちょっとした贅沢をすることが可能です。お小遣い制のサラリーマンや主婦の方などは自由に使えるお金が限られているので、少しでも増えればうれしいですよね。

副業を行えば、本業を行いながらでもに毎月数千円から1万円程度なら簡単に稼ぐことが可能です。では実際にどのような副業をすればよいのでしょうか。

そこで今回は、毎月数千円~1万円程度を稼げる副業にはどのようなものがあるのか、そしてそれらの特徴についてお話しします。

副業で得た収入(月1万円以下)は何に使う?を調査

副業で月1万円程度の収入を目指す人にはどのような理由で副業をするのでしょうか?現在副業を行っている200人に対して、副業での毎月の目標金額とその使用用途に関するアンケートを実施しました。毎月1万円以下と答えた人は200人中67人存在し、その使用用途は以下の通りでした。

結果としては、お小遣い、生活費の補てん、貯金のために副業を行いたいと考えている方が多いようです。特にお小遣いと答えた人が一番多く、その具体的な用途としてはカフェ代やたばこ代、おやつ代、飲み代など、比較的少額のものに使用する目的であることが多い結果となりました。

ここには「あまり多くの手間はかけたくないが、短時間で得た収入でちょっとした贅沢をしたい」というニーズがあります。今回はそのような方々を対象に、毎月数千円から1万円程度稼げる副業を紹介していきます。

お小遣い(月1万円以下)を稼げる副業とは

ちょっとした隙間時間を活用するだけで、毎月数千円から1万円程度稼げる副業の種類はかなり多く、今回はほんの一部ですが12種類を紹介します。元手がゼロでもできるものから、そうでないもの、若干手間がかかるもの等様々です。それでは、一つ一つ解説いたします。

アンケート回答

WEBサービスやスマホのアプリを通して、アンケートを回答してお小遣いを稼ぐことができるのがアンケート回答です。単価はアンケート内容により様々で、1件3円~150円程度が相場です。アンケート内容が専門的になればなるほど、単価が上がる傾向にあります。アンケート回答サイトだとマクロミルが昔から有名です。

メリットとしては、隙間時間を有効に活用することが可能な他、元手もゼロでできること。何よりアンケート回答を行うだけでお金がもらえるので非常に楽なお仕事です。

デメリットとしては単価が低いため、多くの数をこなすか比較的単価の高いアンケートを選ばないとまとまったお金を稼ぐことができないということです。150円程度のアンケートを大量にこなしていけば、毎月数千円であれば達成可能です。

小遣いアプリ

webサイトやスマホを通してお小遣いを稼げるのが、お小遣いアプリです。無料会員登録やアプリのダウンロード、クレジットカード作成などを行うだけでお金をもらえるサービスです。

仕組みとしては会員登録をしてほしい企業がお小遣いアプリへ広告費を支払い、お小遣いアプリのユーザーが会員登録やアプリをダウンロードするとその広告費の一部をおすそ分けしてもらえるという仕組みです。

アプリDLをコツコツ行うだけでも毎月数千円程度を稼ぐことができます。また、クレジットカードなど金融系の案件は単価が高いので、一件で1万円を稼げることも珍しくありません。

記事作成

ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを通して、記事作成の代行を行うお仕事です。報酬は記事の内容によって異なり、体験談のようなものであれば単価が安く、専門的な知識が求められる記事になるほど単価が上がります。

体験談や口コミのようなものであれば、そこまで高いクオリティの文章は求められないので気楽に始めることができ、隙間時間に書くだけでも毎月1万円程度を稼ぐことが可能です。

LINEスタンプ

LINEのスタンプで稼ぐという方法もあります。絵を描くことが趣味だという方はLINEスタンプを出品されてみてはいかがでしょうか。

スタンプが一つ売れるごとに制作者には35%の報酬が発生するような仕組みになっており、単価が120円なので42円の利益が発生します。

一見するとかなり少ないように感じますが、一度販売を開始してしまえば販売はLINEが行ってくれるため、いわゆる不労所得を得られることになります。

写真販売

一眼レフで写真撮影が趣味という方にお勧めなのがこの写真販売です。自分が撮影した写真をピクスタなどのサイトを通して販売することができます。

例えばピクスタでは、販売価格の20%~40%程度があなたの利益となります。撮影した写真をアップロードしなければならないなどの面倒さはあるものの、プロアマ問わず写真を出品できて収益を上げることができるのは魅力的です。

また、販売とは異なりますが写真を投稿すると、投げ銭してもらえる(かもしれない)サービスであるTIPPHOTOというサイトもあります。

不用品販売

メルカリヤフオクなどで自分が使わなくなった商品を出品することを不用品販売と言います。「こんなもの売れるの?」という商品でも案外売れるのが特徴で、まとまったお金になりやすいです。

ベビー服や使わなかったマスク、洗剤、洋服など、なんでも販売可能です。発送や取引メッセージのやり取りが面倒ではありますが、隙間時間にサクッと行えるほか、不用品がお金に代わるのは魅力的です。

シェアリングビジネス

最近はやりなのが自分が利用していない資産をシェアする「シェアリングビジネス」です。利用していない車や家、駐車場などを貸し出すことで利益を上げることができます。

車ならタイムズカーシェア、家ならAirBnB、駐車場ならアキッパというサービスを利用すれば簡単に貸し出すことができます。

一部法律によって規制対象になっているものもあるので(民泊など)その辺を確認しなければなりませんが、普段稼働していない資産を利用して利益が出せるのが魅力です。貸し出すだけでよいのでそれほど手間もかからず、まとまった利益を上げることができます。

サンプルモニター

サンプルモニターは、化粧品や食品などを無料でもらえるだけでなく、それらに関するアンケートを行うことでお金ももらえる副業です。ちょびリッチinfoQ(インフォキュー)などのサイトからサンプルモニターの仕事を得ることができます。

それほどまとまったお金になることはあまりありませんが、食品や化粧品がタダでもらえるので生活費が浮きやすくなるというメリットがあります。

純金積立

毎月少額で金を購入する投資方法が、純金積立です。毎月1,000円という少額から積立可能なので、元手資金が少ないがない人でも気軽に投資できるのが特徴です。長期的に金を購入し続けて、将来的に値上がりしたときに売却することで利益を出します。

短期的な利益を上げるのは難しいですが、金を毎月購入するだけなので気軽に行えることができます。また、価格が安定しており急騰、急落することがあまりない堅実な投資先です。

株主優待

一定数株を保有する人に対して、その会社が発行する金券などがもらえるサービスのことを株主優待といいます。その株主優待を売却することで利益を出すことができるのです。

JALやANAといった旅行系の株主優待や、オリエンタルランド(ディズニー)の株主優待は高値で売買されるので、何もしなくても安定してお金を稼ぐことができるのです。

ただし、株主優待を受けるためには一定以上の株を保有しなければならないため、ある程度まとまった資産を保有している人向きです。

マイニング

仮想通貨の送金には、各個人のPCを利用して行われています。そのPCを仮想通貨の送金および計算を行うために貸し出すと、その報酬として仮想通貨がもらえます。このことをマイニングと呼びます。

それなりに良いスペックのPCが必要になりますが、PCを起動させた状態で放置するだけでお金が稼げるので時間が無い方でもできる副業方法です。得られる金額は、そのPCの性能によって大きく上下します。

NISA

NISAとは、NISA口座内で株式や投資信託などの金融商品を売買した場合には、毎年一定の範囲内で得られた利益が非課税になる制度となっています。

積立NISAなど、少額から投資できる制度があるので、これらを利用してコツコツと稼ぐことが可能です。楽天証券などの証券会社から始めることができます。

まとめ

今回は、副業で数千円~1万円程度を稼ぎたい人を対象に、様々な副業方法について紹介しました。即金性のあるもの、お金が増えるまで時間が必要なもの、元手が必要なもの不要なものなど様々でした。

何より毎月数千円~1万円を稼ぐ方法はたくさんありますが、誰でもすぐに始められたり特別なスキルも必要なく、そう難しくないものばかりです。そのなかでも自分に合いそうな、興味のある副業方法を選んで挑戦をしてみましょう。