副業探索!ほくほく党

仮想通貨の取引所はどこがいい?Binance(バイナンス)の口コミ・評判

バイナンスの特徴

バイナンスは2017年7月に開設された、中国初の仮想通貨取引所です。CEOはチャオ・チャンコン氏で、事業開始1か月にしてグローバル取引量トップ10入りを果たしました。そして2017年12月には取引量で1位を達成するなど勢いのある取引所です。

バイナンスの特徴は以下の4つです。

バイナンスの4つの特徴
  • 100種類以上の豊富な仮想通貨の数
  • 0.1%と安価な手数料
  • 使いやすいサイトデザイン
  • 日本語対応

まず、仮想通貨の数についてですが、およそ100種類以上もの仮想通貨を売買することが可能です。新たに上場する仮想通貨は、ユーザーの投票によって選ばれ、人気のコインのみが上場する仕組みとなっています。

次に、手数料が0.1%と安価であることも特徴です。バイナンスのトークンであるBNBを利用すれば手数料はさらに0.05%まで下がります。日本の取引所とは比較にならないほど手数料が安くお得です。

最後にWEBサイトが使いやすいことが挙げられます。PC版、スマホ版ともに非常に使いやすくなっており、チャートが見やすいことはもちろんのこと、交換する金額を入力しなくとも保有金額の25%、50%、75%、100%から選べば自動的に数値を決定できるなど、直感的な操作が可能です。

なお、日本で人気なのは海外の取引所にもかかわらず日本語対応をしている為です。バイナンス以外の仮想通貨取引所は日本語対応していません。日本語でストレスなく読める環境は非常に快適であると言えるでしょう。(2018年からは日本語対応ではなく、サイト右上のグーグル翻訳ボタンから日本語に変更するように仕様が変更されました。)

バイナンスの詳細

取引所名BINANCE
サービス開始時期2017年7月
運営会社BINANCE
CEOChangpeng Zhao
会社所在地マルタ島
取引手数料0.1%(BNB利用で0.05%)
取り扱い通貨数約100種類以上
セキュリティ2段階認証等

バイナンスの口コミ・評判

手数料の安さ日本語対応が魅力だが、中国政府の規制が心配

24歳 男性 会社員

バイナンスは、中国の仮想通貨取引所です。手数料の安さ、新しい仮想通貨が上場される早さ、公式サイトやアプリに日本語表記がある点などが、この取引所のメリットです。

デメリットは、中国における仮想通貨の規制の影響を大きく受けてしまう点です。中国での規制は突然行われる可能性があり、またバイナンスの利用者には中国人が多いので取引所が閉鎖されるようなことはなくても利用者が大きく減ってしまうことが考えられます。

世界一の仮想通貨取引所バイナンスはとてもオススメですが上級者向け

37歳 男性 会社員

世界一の仮想通貨取引所であるバイナンスは、何が優れているかというとまず取り扱い仮想通貨の量がとてつもなく多いことにあります。把握もできない位の量の仮想通貨を取り扱っているので、バイナンスでほぼ事足りると言っても過言ではありません。

ですが、唯一の難点としては、日本円で仮想通貨を購入することができないことにあります。この点が初心者にはちょっと辛いところではありますが、まずは、日本の仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアム、ライトコインなどを購入して、バイナンスに送る必要があります。一度送金できてしまえば、後はバイナンスで売買するだけになります。

この送金さえクリアしてしまえば、とても破格な手数料の安さと、とてもたくさんの銘柄の仮想通貨の取り扱いがありますので、仮想通貨取引をとても楽しめると思います。

海外取引所の中で日本語対応しているので利用しやすい

30歳 男性 会社員

国内取引所は、安心だと思っていたのですがコインチェックの流失事件から日本の取引所もやはり安心ではないと思うようになりました。今まで、海外取引所は危ないというイメージがあったので手は出さないと決めていましたが、今では違和感なく利用しています。

私が利用しているのはバイナンスです。取引所はアジア圏なので、多少安心感があるので、きめました。海外は基本英語なので困りますがバイナンスは日本語対応しているので利用しやすいです。

リスクがない訳ではないので、素晴らしいといは言いにくいのですが投資の幅を広げるには良いと思います。

バランスのいい海外仮想通貨取引所

32歳 男性 翻訳者(フリーランス)

バイナンスは世界でもトップクラスの仮想通貨取引所。取扱銘柄数も多く、BITTREX(ビットトレックス)の200種類には及ばないものの、国内の取引所と比べれば圧倒的な数です。また手数料も低く、国内の取引所はおろか、ビットトレックスよりも格安です。

国内投資家にとって大きなメリットとなるのが、日本語に対応しているというところ。ビットトレックスなどは世界最大級の取引所とはいえ英語でしか情報のやり取りができないため、国内の投資家にとっては狭き門となってしまいす。バイナンスはその点でも心強い存在といえます。

このようにバイナンスは大きな欠点の見あたらないバランスのいい取引所です。国内の投資家がはじめて海外取引所にチャレンジする場合、まずバイナンスから検討するのがいいと思います。

国内外合わせて一番利用しやすい取引所

32歳 男性 会社員

私は国内に5つ、海外に3つの取引所を開設していますが、バイナンスは国内外合わせても一番利用しやすい取引所だと思います。その理由は4つです。日本語対応していること、取り扱い通貨が多いこと、スマホサイトが使いやすいこと、セキュリティが強いことです。

特に気に入っているのはスマホサイトです。サクサクと動きますし、注文の通るスピードも速く、注文数を直接数値を入力しなくても仮想通貨保有数の25%、50%などパーセンテージで設定できて使いやすいです。

元々中国の取引所ということでセキュリティが心配されるところですが、今まで大きなトラブルはないですし、サーバーダウンして取引ができないということもほとんどありません。このような理由からメインでバイナンスを利用しています。

手数料の安さと取り扱い数が魅力的

42歳 男性 自営業

バイナンスの魅力はまず手数料の安さです。通常0.1%とこれでもとても安いのですが、バイナンストークンのBNBを手数料支払いにすれば0.05%という破格と数字になります。

また、取り扱いコインほ多く、約100銘柄あり今後も利用者投票などで増えていくでしょう。使いやすさも良く、日本語対応がなくなってしまっても問題なく使えています。

不安点はやはり中国取引所ということ。前触れなく政府の規制が入るなどして取引ができなくなる可能性があります。仮想通貨取引がが伸びていくと予想されるのでバイナンス市場も大きく成長するでしょう。

機能がシンプルで使いやすい

31歳 男性 自営業

厳選された取引機能が取り入れられていて、初めての利用時も感覚的にシステムを理解できる点がメリットです。中長期的なスパンでチャートの推移を捉えられるツールは特に使い勝手が良く、円滑な売買に繋げられます。

取引手数料の水準は平均的であるものの、高度なセキュリティー体制が構築されているので全体のクオリティーは高いと感じます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は世界大手の仮想通貨取引所バイナンスに関する評判、口コミのまとめでした。バイナンスのメリット、デメリットを改めてまとめたものが以下の通りです。

メリット
  • 手数料が安い(0.1%、BNB利用で0.05%)
  • 取り扱い通貨数が多い(約100種類)
  • サイトが使いやすい
  • 中国の規制の影響を受けない(2018年3月に本社をマルタ島に移している為)
デメリット
  • 海外取引所なのでサポートが不安

口コミのほとんどがサービスが優れているというものでした。口コミに「バイナンスは中国の取引所なので、中国の規制を受けて閉鎖するかもしれない」という意見が何件かありましたが、バイナンスは2018年3月に本社所在地を中国の香港からマルタへと移しましたのでそのような問題はなくなりました。

強いてデメリットを上げるのであればサポートの不安でしょうか。サイトは日本語対応しているとはいえ、あくまで海外の取引所であるため、英語ができない場合はトラブル時の連絡が少し難しいかもしれませんね。

このようにバイナンスは海外取引所の中でも「手数料が安く」「種類が多く」「使いやすい」と非常に優秀な取引所になります。直感で操作できるので初心者にも〇です。とりあえず海外取引所で取引を行いたいと考えている方は、まずバイナンスを開設してみましょう。




サイトマップ