副業探索!ほくほく党

40代の副業チャレンジ。サラリーマンが株式投資を副業にしました

「お金に稼いでもらう」を実践

40代の男性で、株式投資にチャレンジしています。本業はサラリーマンですが給料には上限があり、副業をする必要性を感じています。そこで自宅で簡単に取引ができる株式投資に挑戦することにしました。

「お金に稼いでもらう」という言葉があり、ずっと憧れていました。株式投資をすれば、自分は働かなくても購入した株式がお金を稼いでくれるかもしれません。そこでまずネットで株をするために、ネット証券会社と契約して口座を開きました。

ネット証券会社は「使い勝手が良い」ことと、「手数料が安い」ことを重視して選ぶと良いと思います。ネット証券の口座に資金を入金すると、すぐにネットで株取引ができるようになります。お金にお金を稼いでもらう副業の開始です。

自分なりの作戦を考え、「出遅れ株」に着目

株式投資をするために、自分なりの作戦を考えました。それは「同じ業界の銘柄は、同じような値動きをする」という特徴を捉えた作戦です。例えば自動車会社の銘柄に投資をするとします。トヨタ、日産、マツダ、三菱、スバルなど、自動車会社の銘柄をまとめて、株価をチェックするようにします。

するとどの自動車会社の銘柄も、同じような値動きをすることが分かります。例えば輸出産業なので、円安の日には株価が揃って高くなったりします。そのような時に、ある自動車会社だけが値上がりしていないことがあります。

このような銘柄は「出遅れ株」などと呼ばれます。出遅れ株はその他の自動車会社の銘柄と同じように、将来的には値上がりすると予想できます。そこで出遅れ株を購入して、株価が上がるのを待つ…という作戦を取りました。

結果的に少し負けています

同じ業界の銘柄を同時にチェックして「出遅れ株」を購入するという作戦で、株式投資を始めました。勝率で言えば、この作戦は当たることが多く、利益が出ることも少なくありません。

しかし5勝4敗で取引が成功していても、儲かるとは限らないのが株式取引です。1敗が大きな負けだと、トータルで損をしてしまうからです。私も1度の取引で、大きな損失を出してしまったので、現在は少し損失のほうが多くなっています。

具体的には20万円の資金が19万円程度に目減りしています。さらに株式取引に対する知識を増やして、勝率を上げて儲けを出していきたいと思います。コンスタントに儲けを出せるようになれば、立派な副業になります。しかも不労所得なので、本業の邪魔にならないので最高だと思います。

サイトマップ