副業探索!ほくほく党

仮想通貨の資産を守るための方法とは?ハッキングは日常的に起きている

2018年1月末に発生したNEMのハッキング事件、日本の大手取引所である「コインチェック」からおよそ580億円もの仮想通貨が盗み出され、仮想通貨市場に大きな衝撃を与えました。

実は規模の大小はありますが仮想通貨投資においてこのような事件は日常茶飯事です。そのため、仮想通貨投資をしている方にとっては決して他人ごとではないのです。

今回の記事では、私たちの資産を守るための方法についてお話ししていきます。

仮想通貨の盗難やハッキング被害は日常茶飯事に起きている

仮想通貨のハッキングトラブルは世界中で頻繁に発生しています。

有名なのは2018年1月コインチェックがハッキングされて580億円ものNEM(仮想通貨)が盗難された事件。

結果的にコインチェックが全額補填するという形で収束しましたが、この事件は仮想通貨に対する不信感を募らせ、仮想通貨相場を大きく下落させる結果を招きました。

2014年にはマウントゴックス事件もありました。当時、世界最大の仮想通貨取引所であったマウントゴックスがハッキングされて大量のビットコインが失われた事件です。

私もニュースで知ってます。でもそんなに滅多にあることじゃないでしょ?

いやいや、大きなニュースになってないだけで仮想通貨のトラブルは日常茶飯事なんだよ。

実は、仮想通貨にはニュースにならないようなレベルでのトラブルも多いのです。

普段通りに取引所に置いていたはずの仮想通貨が「知らぬ間に全部失われていた」ということは度々発生しており、このようなトラブルは日常的に起きているのです。

えー!?いったいどうしてそんなことが起きるんですか!?

仮想通貨を失うパターンはいくつかあります。

トラブルにより仮想通貨を失うケースは次の通りです。

  • 取引所がハッキングされる
  • 個人のPCやスマホがハッキングされる
  • 個人の取引所のパスワードが盗まれる

ひとつには、マウントゴックス事件のように取引所がハッキング被害に遭って、結果として自分の資産が戻ってこないケースがあります。

その他にも、PCやスマホが仮想通貨を盗むためのウイルスに汚染されてしまったり、フィッシングサイトに引っかかってパスワードが抜き取られたりと、個人レベルでの被害も多く存在するのです。

怖いなー。どうにか防ぐ方法はないのかな?

それでは盗難被害のリスクを減らすための対策を調べていきましょう。

仮想通貨をコールドウォレットで保管している取引所を利用しよう

取引所は多くの仮想通貨を保有しているため、日頃から世界中のハッカーたちにその資産を狙われています。

取引所は仮にハッキングを受けたとしてもその被害を小さくする方法があります。その方法の1つがコールドウォレットに仮想通貨を保管することです。

取引所がハッキングにより倒産してしまったら、預けている仮想通貨も返ってきません。このようなリスクを減らすためコールドウォレットを採用している取引所を利用するようにしましょう。

シンジさん、コールドウォレットってなんですか?

仮想通貨の保管方法のことだよ。

仮想通貨の保管方法に、コールドウォレットホットウォレットがあります。

コールドウォレットとは
WEBに接続されていない環境で仮想通貨を保存する方法。出金、入金、管理などに手間がかかる反面ハッキング被害に遭いにくい。
ホットウォレットとは
常にWEBに接続された状態で仮想通貨を管理する方法。出金、入金がスムーズにできる反面、ハッキングで簡単に仮想通貨が盗まれてしまう。

分かりやすく言うと、コールドウォレットは貯金通帳と印鑑を自宅の金庫に保管してる状態、ホットウォレットは貯金通帳と印鑑を常に持ち歩いてる状態です。

さすがに多額の資産を持ち歩くのは怖い!

ですから、多額の資産を長期間管理する際にはコールドウォレットで管理を行うことが大切なのです。

コインチェックのNEM580億円盗難事件の原因は、コインチェックが投資家から預かったNEMを全てホットウォレットで管理していたこと。コールドウォレットで管理していればここまでの被害にはなりませんでした。

自分が利用している取引所がコールドウォレットで管理されているかどうか必ず確認するようにしましょう。

取引所に全資産はリスク大、ローカルウォレットを活用しよう

しかし、取引所は全てをコールドウォレットに保管しておくことはできません。取引の仲介業者ですから、常に仮想通貨を動かせる状態にしておかなければならないからです。

また、たとえハッキングを受けなかったとしても、倒産してしまう可能性もあります。

より安全性を高くするためにはローカルウォレットで仮想通貨を保管する方法があります。

またよく分からない単語が…。ローカルウォレットってなんですか?

取引所が持つリスクを減らすことができるウォレットだよ。

ローカルウォレットというのは自分のPCにウォレットをインストールして使用するタイプのものです。取引所と違いコールドウォレット状態と、ホットウォレット状態を自分自身で切り替えることができます。

そのため、頻繁に動かさない仮想通貨は常にコールドウォレットに置いておくことができるため、よりセキュリティが高い保管が可能です。また、取引所の倒産リスクも関係ありません。

なるほど!取引所が持つリスクを減らすことができるんですね!

それ、さっき僕が言ったんだけど。

有名なローカルウォレットとしては、

  • ビットコインコア
  • マイイーサウォレット
  • ナノウォレット

などがあります。

ものによって保管できる仮想通貨の種類も異なるので、自身の保有する仮想通貨が使用できるウォレットを探してみましょう。

また、ローカルウォレットを管理していたPCを紛失、故障した場合や、パスワードを紛失した場合、この場合バックアップを取っておかないと資産は失われてしまうので注意が必要です。

多額の仮想通貨を取引所に置きっぱなしは危険です。是非ローカルウォレットを活用してリスクを減らしましょう。

長期保有ならハードウェアウォレットで資産管理しよう

先ほど紹介したローカルウォレットでも、自分のPCがハッキングされた場合には資産を失う可能性があります。

さらにセキュリティを高めたいのであればハードウェアウォレットを利用するという選択肢があります。

…。

「ハードウォレットってなに?」ですね?

ハードウェアウォレットというのは外部で秘密鍵を管理するための端末になります。

ハードウェアウォレットは完全にWEBから隔離された場所で保管されるためより安全です。PCが故障、紛失するようなアクシデントが起こっても資産は無事ですし、持ち運びも簡単です。

また、ハードウェアウォレットが故障した場合も修復可能です。アクティベーションキーというものがハードウェアウォレット一つ一つに割り当てられており、壊れたハードウェアウォレットのキーを、新しいものに入力することでウォレットを修復することができます。

値段が少し高くても、利用する価値は十分にあります。頻繁に取引する場合には不向きですが、仮想通貨を長期保有するような場合は是非購入を検討してみましょう。

ハードウェアウォレットは何を買えば良いんですか?

有名なハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」です。8,000円程度で購入が可能。

ウォレットに保管できる仮想通貨の種類が最も多く、使い勝手が良いのが特徴です。

また、人気の仮想通貨「リップル」が保管できるのがLedger Nano Sしかないというのも、ユーザーが多い理由の一つとなっています。

適当な業者から購入すると、キーを控えられている可能性があります。必ず信頼できる代理店から購入しましょう。

取引所に資産を置いておく場合は二段階認証は必ず設定しよう

でも取引所にもある程度は通貨を置いておかないとすぐ取引できないですよね?

そうだね。取引所に置いておく場合も、できる限りの対策はしないといけません。

これまで資産を守るためにセキュリティの高いウォレットを活用する方法を紹介しました。しかし、仮想通貨を取引所でも保有しておかないと、売り買いを頻繁にする場合は多くの手間がかかってしまいます。

そのような理由で取引所に資産を置く場合には、必ず二段階認証を設定しましょう。二段階認証は通常のパスワードとは別に、一定時間の経過で自動変更されるパスワードの事。

この二段階認証を設定するだけでセキュリティは大きく上がります。これだけは必ず設定するようにしましょう。

取引所にアクセスする際はフィッシングサイトに気を付けよう

取引所にアクセスする際にも注意が必要です。いくらセキュリティを気を付けていたとしてもフィッシングサイトでパスワードを盗まれる可能性があります。

フィッシング?釣られるの?

まぁ、そういうことだね。

グーグル等の検索エンジンで取引所を検索すると、非常によく似た偽物サイトが表示されることがあります。偽物サイトでログインしてしまうと入力したパスワードが盗まれてしまいます。

例えば海外大手取引所「バイナンス」などではこの手のサイトが多く、資産を盗み出された事件が多発しています。

そのため、ログインの際には公式サイトであるかどうかをまず確認することや、あらかじめ公式サイトはブックマークをしておくことなど対策しておくことが重要です。

まとめ

今回は自分の仮想通貨を守るために必要なことについて紹介しました。要点をまとめます。

  • 資産はコールドウォレットで管理する
  • 頻繁に運用しない資産はローカルウォレット、ハードウォレットを導入する
  • 二段階認証を必ず設定する
  • フィッシングサイト等でパスワードを盗まれないように注意する

まだ仮想通貨はセキュリティが万全とは言えません。だからこそ、資産を盗もうと企む悪党は多いです。自分の資産は自分でしか守れませんので十分な対策をするように心掛けましょう。




サイトマップ