仮想通貨

仮想通貨のICOの概要と買い方|ハイリターン期待の投資方法とは?

仮想通貨投資をしていると、ICOというワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、ICOが一体どのような仕組みの事なのか知らないという方も多いと思います。

ICOは仮想通貨投資の中でも、とても大きなリターンを得る可能性がある投資方法です。そのため多くの人が新しいICOがないか目を光らせて探しています。

そこで今回は「ICOとは何か」「ICOのメリット、デメリット」「ICOに参加する方法」について説明していきます。

仮想通貨のICOとは

ICOとは、Initial Coin Offering(イニシャルコインオファーリング)の略で、直訳すると「初めの通貨販売」という意味になります。

ICOは、企業が新たな仮想通貨を作るのに必要な資金を集めとして使われる方法です。投資家はその企業に出資し、見返りとして開発段階の通貨をもらえる仕組みとなっています。ここでもらえる通貨は「トークン」と呼ばれます。ICOでは安くトークンを購入できることから、トークンセールなどと呼ばれることもあります。

ICOは企業、投資家の両者にとってメリットがあります。企業にとってのICOの特徴、投資家にとってのICOの特徴をそれぞれ見ていきます。

企業から見たICOの特徴

従来、企業が資金を集める方法として株式公開(IPO)や銀行借り入れがありましたが、ICOが登場したことで資金調達がより一層容易となっています。企業から見たICOは以下のような性質を持っています。

  • 集めた資金に対しての配当は不要
  • 株式の発行も不要(所有権は関与しない)
  • 利子の支払いはない
  • 投資対象となっている事業の価値を示す必要はない
  • ネットを使って資金調達が可能
  • 小規模の会社や個人でも利用可能

株式公開(IPO)と違う点として、事業計画書の提出が不要であることがあげられます。そのため準備に手間がかからないので通貨の開発に専念できるのが非常に魅力的。また、株式ではないので所有権の関係を考えずに行えることから、小規模企業が大企業に買収されるリスクもありません。開発者がより手軽に資金調達を行うことが可能になっています。

投資家から見たICOの特徴

ICOは株式に例えるといわゆる未公開株式、その仮想通貨版です。上場前の安い段階でトークンを手に入れることができるため投資家にとっても大きな魅力があります。投資家から見たICOのは以下のような特徴があります。

  • 上場前の安い段階でトークンを手に入れることができる
  • 支払いは仮想通貨の為インターネットの手続きのみで完結する
  • 少額から投資可能
  • 投資して得たトークンを転売可能

仮想通貨が発展する上で必要不可欠なこの仕組みですが、ICOは小規模の企業や個人でさえも簡単に参加できるほか、事業計画書の提出の必要がないという点により参入が簡単になっています。その反面、詐欺目的のICOや、資金を集めても開発が中途半端に終わってしまうICOもよく見受けられることもありますので注意が必要です。

補足:仮想通貨とトークンの違い

本来の仮想通貨とトークンの定義について触れておきます。仮想通貨は「独自に開発された決済技術」のことを指し、トークンというのは「既存の仮想通貨の技術を使って発行された通貨」のことを指します。

仮想通貨の取引所には多くのトークンが存在しますが、それらが仮想通貨と呼ばれていたり定義があいまいになっています。人によって呼び方が変わったりすることもあるので、混乱しないためにも把握しておきましょう。

ICOに参加して得たトークン爆上げで大きな利益を期待

私たちがICOに参加する最大のメリットは「大きな先行者利益」を得られることです。ICOは初めの通貨販売ですので、安い価格で通貨を購入することが可能です。そのため、通貨の開発が進み取引所に上場されると一気に値段が上がりますので、大きな利益を得ることができるのです。

例えば、以前に話題になったADAコインは、ICO当初の値段から最大でおおよそ850倍にもなりました。10万円の投資なら8500万円、100万円の投資なら…まさに夢のような爆上げが期待できます。

もちろん普通に通貨としてそのまま利用することも可能です。とにかく、安く購入できるというのは非常に魅力的です。このような理由からICOは投資家から人気があります。人気、注目されている仮想通貨であればトークンセールが数時間で完売して終わってしまうなんてこともあります。

マミ
マミ
短期間で850倍なんてビックリ!非現実的な値上がりが実際に起きてるなんて…まさに先行者利益ですね。私も早く魅力的なICOに参加してみたい!

ICOの参加の仕方(トークンの買い方)

ICOはややこしいイメージがありますが、それほど難しくはありません。ICOを行う企業を探し、その専用ページから参加することができます。どこがICOを行う予定があるのか、それはネットやTwitterなどの情報から得ることが可能です。

それではどのような手順でICOに参加しトークンを手に入れることができるのでしょうか。次のような流れとなります。

  1. ICOのページにアクセスする
  2. トークンセールの規約などを確認する
  3. 支払い用の送金先アドレスを取得する
  4. 3のアドレスに「指定された仮想通貨(BTC,ETHなど)」を入金する
  5. 入金額に応じた量のトークンが届く
  6. トークンを「ウォレット」に入れて終了

ICOの専用ページより仮想通貨を入金すると、その代わりとしてトークンが送り返されてくる仕組みです。行う作業としても通常の取引所送金とさほど変わりありません。

さて、ここで「指定された仮想通貨」「ウォレット」って一体何?と思われるかもしれません。これらはICOが開始される前に準備についておく必要あります。それぞれについて説明していきましょう。

トークンは指定された仮想通貨で購入する

企業が運営する専用ページでICOが行われるわけですが、販売されるトークンは日本円で購入することができません。各々のICOで指定された仮想通貨で購入する必要があるのです。そのため、ICOが開始される前にあらかじめ仮想通貨を準備しておきましょう。

仮想通貨はETH(イーサリアム)で指定されることが多いです。企業が仮想通貨を作る際に、コインの仕組みを1から作るのではなくETHで構築された仕組みを利用して作ることが多いためです。ETHをベースに作られたものは「イーサリアムトークン」、「イーサリアム系のコイン」などと呼ばれます。

次いでBTC(ビットコイン)、最近ではXRP(リップル)やADA(エイダ)でもトークンを購入できる場合が増えてきています。

購入したトークンはウォレットで保管しよう

ウォレットは、ICOで得たトークンを保管するために必要です。ICOは未公開株式のようなものですので、取引所に上場するまでには数か月、1年以上かかる場合もあります。その間、盗まれたり消失したりしないようトークンをウォレットで保管する必要があるのです。

ウォレットとして有名で安全性・信頼性が高いのは「My Ether Wallet(マイイーサウォレット」です。このウォレットはブラウザから利用できるETH及びイーサリアムトークン向けのウォレットになります。

イーサリアム系の仮想通貨であればすべてこのウォレット一つで管理できます。マイイーサウォレットで取り扱いがない通貨であっても、一定の情報を入力すればウォレット内で管理することができるようになります。なので、まずはマイイーサウォレットを作っておくのが良いでしょう。

ICOのほとんどは詐偽や実体のないもの

冒頭でもご紹介しましたが、ICOというのは小さな企業はもちろんの事個人でも実施して資金を集めることができます。さらに事業計画書や決算書などの提出義務もないほか、トラブルに対応するための法律なども存在しません。

そのため、トークンセールではホワイトペーパー(これから仮想通貨の開発予定が書かれた紙)通りの開発が行われない場合や、いつまでたっても上場されない、出資後すぐに行方が分からなくなってしまうというトラブルが日常的に発生しています。いわゆる詐欺コインと呼ばれています。

ICOは大きな利益を上げるうえではぜひ行いたいものですが、リスクが非常に高いということも常に意識して参加する必要があります。通貨選びは慎重に行うようにしましょう。トラブルを避けるために、以下の3点は最低限確認しておきましょう。

  1. どのような会社が開発を行っているか
  2. 開発者のツイッターやフェイスブックを確認
  3. 仮想通貨に詳しい人の意見を参考にする

1,2は信用できる企業かどうかを確認するために、必ずチェックしておく必要があります。3に関してはステマなどの可能性も否めないので何とも言えないですが、多少なりとも参考になりますので情報は集めておきましょう。

マミ
マミ
ICOの急激な値上がりは魅力的だけど、やっぱり良いことばかりではないのね。自分の身を守るためにもしっかり見極めてから参加しましょう!

ICOまとめ

トークンセールに参加すること方法から、それに参加することで大きな利益を得られる反面、詐欺も多いことを解説いたしました。最後に、ICOに参加するメリット、デメリットをまとめておきます。

ICOに参加するメリット
  • 安くトークンやコインを取得できる
  • ICOで取得したトークン、コインが上場すれば高い販売利益を得られる
  • コイン次第では優待が受けられるものも存在
ICOに参加するデメリット
  • 資金を持ち逃げされてしまう可能性がある
  • 開発失敗、中断が発生する場合がある
  • 信頼できる通貨を見分けるのが難しい

ICOで利益を得るためには仮想通貨が「開発目標金額を達成」「通貨が完成する」「取引所に上場する」「通貨が話題になる(=元本割れしない)」など多くの課題をクリアしなければならないため、見極めが非常に難しいと言えます。無事に開発が完了し、上場したとしても大幅に利益が出るかどうかはそのコインの話題性次第だからです。

しかし、当たれば非常においしい思いをできるのがICOトークンセール。サラリーマンの本業収入をあっという間に越す可能性もあります。開発会社が信頼できるところかどうか、ホワイトペーパーから話題性があるかをチェックして、利益が上がりそうな通貨を探してみましょう。