仮想通貨

仮想通貨のマイニングとは?稼ぎ方と始め方を解説

仮想通貨取引でお金を稼ぐといえば、安く買って高く売るような通常のトレードを想像する方が大半かと思います。ただし仮想通貨は価格の変動が大きく、短期間で資産が2倍、3倍と増える可能性がある一方、一瞬で資産が10分の1になったりほぼ無価値になったりするリスクも十分にあります。

そのようなハイリスクハイリターンのイメージが強い仮想通貨において、安定して稼げる方法があります。それが「マイニング」という稼ぎ方です。

今回の記事では、「マイニングがどのような仕組みで収益を得られるのか」「マイニングをするには何を用意すればよいか」「マイニングは本当に儲けることができるのか」、この3点を中心に解説します。

マイニングとは?お金をもらえる仕組み

まず、マイニングとはどのような仕組みで収入を得られるのでしょうか。

そもそもビットコインを始めとする仮想通貨というのは「ブロックチェーン」という仕組みでできています。ブロックチェーン技術というのは、仮想通貨の決済における情報(誰に、いつ、どれだけの金額が送金されたか)を記録する技術です。

銀行などと異なる点は、銀行などが自社のPCを使ってその情報を作成・管理しているのに対して、ブロックチェーン技術は不特定多数の個人のPCにその作業を行わせます。

この決済情報の作成・記録する作業を行い、記録の作成に成功した人は基本報酬+送金手数料を受け取ることができます。つまり、自分のPCをこのブロックチェーン技術のために貸し出し、その見返りとして報酬を得て儲けを出すのです。このようにして報酬を得ることを「マイニング」といいます。

仮想通貨ができた当初はマイニングを行う人も少なかったですが、現在ではBTCを始めとした仮想通貨は値上がりし、前と比べ安定して稼げるようになりました。そのため、マイニングを専業に行う企業なども多く存在します。

マイニングって誰でもできるものなの?

マイニングといってもどのようにして行えばよいのか、「仮想通貨の決済情報の作成・記録をする」なんて想像もつきません。マイニングはパソコン(PC)に専用のソフトを入れれば誰でも行うことができます。

ただし、通常のPCでは専用に作られておらず効率が悪いため、大した金額を稼ぐことはできません。そのため、マイニング専用のPCを自作で組み立ててマイニングを実施することがほとんどです。

マイニング専用PCを作るために必要な部品・費用

自身のパソコンでマイニングをしたい!という方は以下のパーツを揃えて組み立てる必要があります。組み立てるなんて難しいと思うかもしれませんが、基本的にマザーボードにパーツを差し込んでいくだけなので案外簡単に作成できます。

マイニングに必要なもの 説明
ストレージ(HDD,SSD) データの保存に必要なパーツ。
マザーボード 各パーツを差し込むボード。
メモリ データの一時保存用パーツ。あまり重要ではない。
CPU コンピューター制御、演算する中核部分。GPUマイニングの場合にはそれほど重要ではない。
グラフィックボード 元々は画像解析、表示周波数、描画速度を向上させるパーツ。ゲームやデザイナーによく使われていたパーツ。
また、マイニングにおいて最も重要。
電源 コンセントから電力を供給するためのもの
ケース 外枠。
キーボード、マウス PC操作用
モニター 画面表示のため
HDMIケーブル PCとモニターをつなぐケーブル
LANケーブル ネット接続のために必要なケーブル

マイニングで最も重要とされるのは「グラフィックボード」です。グラフィックボードの枚数が多い、性能が良いほど効率よくマイニングを行うことができます。

また、マイニングする仮想通貨(ビットコイン、イーサ等)によって、最適なグラフィックボードは変わってきます。例えば、RADEON系のグラフィックボードはイーサリアムをマイニングするのに向いている、など。自分のマイニングしたい仮想通貨に合ったグラフィックボードを選ぶようにしましょう。

なお、これらにかかる初期費用は、1台でおおよそ20万円程度です。そのなかで最も高いのがグラフィックボードです。マイニングが注目され始めた最近ではグラフィックボードの値上がりなども影響しています。グラフィックボードを買う枚数や質によって初期費用の値段は増減します。

マイニングをするために必要なソフト

パソコンができたら、次にPC内にマイニングを行うためのソフトウエアを入れればマイニングの準備は完了です。有名なマイニングソフトウエアにナイスハッシュと呼ばれるものがあります。

ナイスハッシュは非常に使いやすいマイニングソフトとして有名なほか、使用者が多いためWEBサイトで使い方が簡単に調べられるのでお勧めです。ナイスハッシュでは自分のグラフィックボードに合わせ、最も効率が良い仮想通貨をマイニングできるほか、報酬をBTC建てでもらえるのが特徴です。

マイニングは電気代の高い日本で稼ぐのは困難?

それではマイニングというのは実際のところ儲けることができるのでしょうか。PCの性能に大きく左右されますが、マイニングで得られる1か月あたりの収入は3,000~3万円程度です。平均して収益1万円ぐらいのケースが多いでしょうか。

「結構稼げるじゃないか」と思われた方、そんなに甘くありません。マイニングは一日中電気をつけっぱなしにしておくことになるので電気代が非常に高いのです。電気料金のプランにもよりますが、20万円程度のPCで1か月間マイニングをし続けた場合、電気代は月に3,000~6,000円程度かかります。

なぜこんなに高くなるのか、PCのための電気代というのももちろんありますが、何よりエアコン代金も高くつくためです。マイニングを行い続けることでPCが熱を持つため、ファンなどで冷却することはもちろんの事、エアコンで部屋全体を冷却状態にすることが必要な場合もあるのです。

マイニング収入を月1万円として、電気代4,000円程度を差し引くと利益は6,000円。初期費用の20万円を回収するには、3年弱かかってしまうのが自作PCマイニングの現状です。やはり電気代の高い日本で生活ですぐに利益を出すのは非常に困難であると言えます。

マミ
マミ
PCの性能が悪ければ電気代の方が高くてマイナスになることもあるみたい。マイニングはすごい魅力的だと思ったんだけど、日本で稼ぐのは無理なのかな…。

クラウドマイニングなら長期的に安定収益を得ることが可能

では、日本に住む私たちはマイニング収入は諦めるしかないのでしょうか。自分でマイニングを行う他に、クラウドマイニングという方法があります。クラウドマイニングというのは、マイニングを行う会社に出資を行う代わりに、見返りとして配当を受け取る仕組みのことを指します。

企業でマイニングを行っているようなところは、効率よく収益を得るために電気代の安い海外に工場を設けてマイニングを実施します。そのような企業に個人があやかれるのがクラウドマイニングです。どこの企業を選ぶかによって自作PCでマイニングをするよりも利益が得られる場合も多々あるのでぜひ挑戦してみましょう。

また、自前でPCを用意する必要がないのも大きなメリットです。電気代の心配、PCの故障、PC発火による火事の心配もありませんので、自作PCを準備をするのが面倒という方や、利益を安定して生み出したいと考えている方には最適です。

クラウドマイニングのメリット
  • 不労所得を得られる
  • 電気代などがかからない
  • 自前でPCを用意する手間が不要
  • 安定収益が実現できる
クラウドマイニングのデメリット
  • 信用できない会社だと支払いが行われない可能性
  • ハッキングの可能性
  • 仮想通貨大暴落で原資回収が困難になることもある

デメリットもいくつかあるものの、何もせずに安定して収益が実現できるのは非常に魅力的です。例えば時間のないサラリーマンであっても、作業することはなにもないので副業として収入を得ることができます。

仮想通貨大暴落で原資が回収できなくなる可能性もありますが、仮想通貨は長期的に見て右肩上がりで成長してきました。当然短期間では損をこうむることがあったとしても、長期間では確実にお金を増やせる良い資産運用方法です。

そのため、信用できる会社かどうか見極めることができれば、クラウドマイニングを行うのは魅力的な投資方法であると言えます。

マミ
マミ
マイニングを企業にお任せするだけで稼げるなんて簡単!PCを作ったり難しそうで心配だったけど、クラウドマイニングなら私にもできそう!

マイニングまとめ

いかがだったでしょうか。今回はマイニングという方法で仮想通貨を増やすことを解説しました。今回の内容をまとめます。

  • 自身でマイニングを行う場合は初期費用がおよそ20万円程度(自作PC代)
  • マイニング収入は月5,000~3万円程度に対し、電気代が月に3,000~6,000円かかる
  • クラウドマイニングであれば自作PC不要で、電気代もかからない

個人でマイニングに挑戦するのも面白いでしょうし、クラウドマイニングで安定収入を狙うのも良し。どちらにもメリット、デメリットがありますので、両方を理解してリスクを減らして利益を得られるようにしていきましょう。