仮想通貨

サラリーマンの副業で人気の仮想通貨(ビットコイン)ってなに?本当に儲かるの?

最近なにかと話題の仮想通貨、あなたの周りでも仮想通貨投資を始めた人も多いのではないでしょうか。副業として仮想通貨で儲けているサラリーマンの方も急増しています。

しかし普通の通貨と同じように使える、でも形は存在しなくて値段が変動する、そんな仮想通貨を「怪しい」「得体のしれないもの」「FXのような何か」と思っている人も多いはず。

今回はそんな仮想通貨について、「普通の通貨とどのような違いがあるのか」「仮想通貨の種類はどれぐらいあるのか」「仮想通貨でどのようにして稼ぐことができるのか」ということを解説していきます。

ビットコインってなに?法定通貨とビットコインの違い

ビットコインとはなにか、興味はあるけど得体が知れないのでなかなか手が出ないという方も多いかと思います。まずは法定通貨とビットコインの特徴について表にまとめてみました。

  法定通貨 ビットコイン
実体 ある(お札等目に見える) ない(データのみ)
発行上限 ない
(国の政策によって発行枚数が決まる)
ある
(ビットコインの場合上限が2100万枚であり、それ以上発行されることはない)
発行主体 無し
(プログラムによって自動生成)
信用度 基本的に高い
(国の信頼度によって裏付けされるため国によって異なる)
場所による
(国の通貨の信頼度が低い国では、仮想通貨の信頼度が法定通貨より高い)
用途 ・決済
・保存
・送金
・投資
・決済
・保存
・送金
・投資

法定通貨と仮想通貨、このように様々な違いがありますが主な違いは以下の3点です。

  • 実体の有無
  • 発行上限の有無
  • 発行主体の有無

実体の有無

法的通貨の仮想通貨の違い1つ目は有形か無形かということ。法定通貨は紙幣や貨幣といったように目に見える形をしていますが、ビットコインを始めとする仮想通貨はクレジットカードや電子マネーといったような目には見えない通貨となっています。

発行上限の有無

次に発行上限について。法定通貨は基本的に発行上限というものがなく、国が自由に発行できるようになっています。そのため、ジンバブエのように大量にお札を作ってしまって価値がなくなってしまうなんてこともあります。

それに対して仮想通貨はあらかじめ発行される数が決まっています。ビットコインの場合は2100万枚。通貨の作りすぎが原因でインフレが起こることはありません。

発行主体の有無

最後、発行主体についてです。法定通貨の発行主体は国であり、国が責任を持つことでみんながその通貨を信頼して使うことができます。ほかの例だと電子マネーなどもそう。スイカ、イコカなどはJRが責任をもって発行しています。

それに対して、仮想通貨は発行主体がなく、プログラムによって自動かつ一定速度で通貨が発行されるような仕組みです。

発行主体がないのにどうやって取引を証明するのか?

仮想通貨は発行主体がないというお話をしました。通常の通貨は銀行発行主体であり銀行が管理していますが、仮想通貨はどのようになっているのでしょうか。その答えは「ブロックチェーン」という技術になります。

ブロックチェーンとは取引記録(誰に、どの金額を送金したか)を保存する技術になります。通常は銀行などが保存する役割を担いますが、仮想通貨の場合は不特定多数の個人が管理します。

「仮想通貨取引の取引記録を作るために自分のPCを使って良い」という人のPCを使って取引記録を作ります。その報酬としてその人にはビットコイン(を始めとした仮想通貨)が与えられるという仕組みです。

ある一定の機関が管理しないため、非中央集権的な特徴を持つほか、不特定多数の人がその取引記録を作る為不正が起こりにくい、コストが安いといった特徴があります。

マミ
マミ
発行主体がないということは、法定通貨のように国の政策や情勢の悪化などによって価値が左右されることがないということね。

なぜこんなに注目されてるの?ビットコインの価値と利用するメリット

先ほどのまとめで法定通貨とビットコインを始めとする仮想通貨の違いについて理解していただけたのではないでしょうか。違いは大きく3点のみでしたが、なぜ多くの人が仮想通貨に注目しているのでしょうか。

その理由は、ビットコインを始めとする仮想通貨がもつ特徴にあります。その特徴とは、以下の通りです。

  • 世界中どこでも簡単に送金できる
  • 送金手数料が安い
  • 海外の商品を購入しやすい
  • 分散投資として最適
  • 新しい投資の対象として魅力的

世界中どこでも簡単に送金できる

ビットコインの魅力は何といっても送金の簡単さ。普通送金や振り込みをしようと思ったら銀行やコンビニにいって振込手続きをする必要がありました。しかし、仮想通貨であればモバイル端末一つで国内外問わずいつでもどこでも簡単に送金できます。

送金手数料が安い

ビットコインは銀行などを通さないため送金手数料が安いことも大きな特徴です。安く送金できる場合には100円以下で送金でき激安です。

ただし、最近では加熱する仮想通貨人気によって、手数料は高くなってきています。ビットコイン建てで手数料は計算されるので仮想通貨が高騰してる場合には実質高くなるほか、その時行われている取引量によっても高くなることがあります。仮想通貨の本来の特徴である送金手数料を安くすることは、業界が直面している課題となっています。

海外の商品を購入しやすい

通常私たちが海外の物を購入する場合には、日本円をその国の通貨に交換する必要がありますが、仮想通貨であれば海外通貨に交換する必要もないので購入が簡単です。また、通貨を交換するための手数料などもかからないので安く購入可能。

分散投資として最適

分散投資は基本的に、自分の資産を守るために行うもの。仮想通貨は発行主体がないため、資産を仮想通貨に換えることで、国の法定通貨の価値が下がったときの被害を最小限に抑えることができます。

新しい投資先として魅力的

ビットコインは新しい投資先として世界中が注目中。少額(1,000円程度)からでも購入することができるほか、取引が24時間可能。まだまだ市場としては規模が小さいため、今後の大きな上り幅が期待でき、多くの人が仮想通貨取引を始めています。

マミ
マミ
私は旅行が好きだから、色んな国の通貨に交換しなくてもビットコインで買い物ができたらすごく便利になりそう!

仮想通貨はビットコイン以外にもたくさんある

仮想通貨というのは日々増え続けています。現在では1,500を超える種類の仮想通貨が発行されており、実用性が高く実際に一部で採用されているものから、全く使うことができず価値を持たない通貨まで様々です。

これら1,500種類もある仮想通貨の中から、実用性が高く世界中から注目されている通貨を一部ご紹介します。なかでも有名で注目度が高いのが「イーサリアム」と「リップル」です。

現在時価総額が最も高いのがビットコインになりますが、それに次ぐ時価総額を誇るのがイーサリアムとリップルになります。

※時価総額:1枚当たりの価値×発行枚数

イーサリアムの特徴

時価総額2位の通貨。マイクロソフトやトヨタなど有名企業と共同開発中です。通常の仮想通貨は取引内容(誰に、どの額を送金したか)を記録する機能がありますが、この通貨ではさらに「どのような契約を結んだか」という内容を自動で保存する機能を備えています。

契約の経緯や内容を永久的に保存することができる(=証拠になる)ということで世界中から注目されています。

リップルの特徴

時価総額3位の通貨。2018年始まりごろに急騰し、一時期時価総額2位になってました。グーグルが唯一出資した仮想通貨です。

リップルは手数料を安く素早い送金をするために作られた仮想通貨で、実際に世界の約200もの金融機関で国際送金のシステムとして導入されることが決定しています。

マミ
マミ
仮想通貨って思っていたよりたくさんあるのね!ビットコインしか知らなかったけど、たくさん種類があって面白そう!

仮想通貨はどうして儲けられるの?

仮想通貨が決済や送金手段として使われているのはわかりました。報道で「仮想通貨で億万長者になった」「資産が○○倍になった」といったことが伝えられていますが、なぜ儲けられるのでしょうか。ここでは仮想通貨投資で儲かる仕組みについてご紹介します。

仮想通貨は株などと同じように需要と供給の関係で値段が決まっています。欲しい人が増えれば増えるほど価格は上がるということです。だから「安い時に購入して、高い時に売却」すればその販売差益で儲けることができるのです。

たとえば、先ほど例に挙げたリップルは2017年以前は1円以下でしたが、2018年1月ごろには400円近くまで急騰しました。約1年で資産400倍なんて通常の投資ではありえない上昇率です。

また、仮想通貨はあらかじめ発行枚数が決まっている為、残りの新規発行枚数が減っていくほど希少性が出てきます。そのコインが需要があるものであれば値上がりするという仕組みです。

ちなみに仮想通貨の稼ぎ方には他にも存在し、マイニングICOアービトラージといった方法もあります。それぞれの稼ぎ方については他の記事でご紹介します。

仮想通貨を購入するには取引所を開設しよう

マミ
マミ
仮想通貨投資にはとても魅力があるのはよくわかったけど、一体どうやったら買えるんだろう。手軽に買えるんだったらやってみたいんだけど…。

仮想通貨を購入するためにはまず取引所を開設する必要があります。大まかな流れとしては、以下の3ステップ。

  1. 取引所を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. 取引所で日本円と仮想通貨を交換する

日本円を入金できるのは国内の取引所のみとなりますので、まずは国内の取引所を開設しましょう。日本で有名な取引所と一口に言ってもたくさんありますので、主な国内取引所を数か所ご紹介します。

取引所名 主な特徴
BitFlyer(ビットフライヤー) 国内ユーザー、ビットコイン取引量が最も多い
Zaif(ザイフ) 手数料が一番安い
GMOコイン FX取引(レバレッジ5倍)が可能

他にもまだまだありますが、このあたりが有名どころです。取引所によって取り扱う仮想通貨にも違いがありますので、自分が取引する予定の仮想通貨が入っているかなど、登録前に確認しましょう。

仮想通貨は自己責任?!リスクも念頭に入れて取引しよう

これまでビットコインをはじめとする仮想通貨の魅力についてお話ししましたが、当然リスクも忘れてはいけません。仮想通貨は決して怪しい投資商品ではないものの、必ず儲けが出るわけではありません。

たとえば、次のようなリスクが考えられます。

  • 取引所がハッキング被害に遭って預けていたお金が無くなった
  • 急に仮想通貨相場が下がって資産が急激に減った
  • 送金ミスをしてコインを消失
  • 取引所のパスワードを盗まれて仮想通貨を不正出金されてしまった

仮想通貨はまだまだ法整備がされておらず、投資家を保護する仕組みはまだまだ出来上がっていません。そのため詐欺や犯罪、取引所倒産などのリスクは常に意識しておくべきです。

仮想通貨について勉強すればするほど、これらのリスクは回避できるようになります。これからも引き続き勉強していきましょう。